体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【最新版】日本に好感を持ってくれる世界の親日国TOP10

自分に好意を寄せてくれている人には、なんだかこちらも好意を感じてしまいますよね。国同士の関係も一緒で、〇〇は親日国と聞くと、自然と相手国にも好感を覚えてしまいます。

日本に好感を持ってくれる世界の親日国TOP10
そこで今回は電通が行った「ジャパンブランド調査2017」の結果から、日本に高い好感度を持っている国ランキングを紹介したいと思います。どこか海外に行きたいと思ったら、このランキングを参考にすると、旅先でいい思いをできるかも!?

 

第10位→第6位

日本に好感を持ってくれる世界の親日国TOP10
最初は第10位から第6位まで。ちなみに上述の調査は、20の国と地域に対して、親日度の調査を行っています。

具体的には中国、香港、台湾、韓国などの東アジアの国々。そしてインド、シンガポール、タイ、インドネシア、マレーシア、ベトナム、フィリピンなどのアジア圏。さらにはオーストラリア、アメリカ、カナダ、ブラジル、イギリス、フランス、ドイツ、イタリア、ロシアなどですね。

その中で、以下が第10位から第6位になります。

第6位・・・マレーシア
第7位・・・インドネシア
第8位・・・ロシア
第9位・・・インド
第10位・・・シンガポール

主に東南アジアの諸国がランクインしました。

日本に好感を持ってくれる世界の親日国TOP10
日本政府観光局によると、シンガポール、マレーシア、インドネシアからは2016年に年間30〜40万人ほどの人が日本を訪れているそうです。観光庁の『訪日外国人消費動向調査』を見ると、9割近くが「また来たい」と思ってくれている様子。

日本に好意を持つから来てくれるのか、日本に来てくれたから好意を持ってくれたのかは分かりませんが、東南アジアにおける日本の好感度は高いようですね。

日本に好感を持ってくれる世界の親日国TOP10
インドに関しては同国を旅しているとき、知人の会社の事務所で出会った50代前後のインド人ビジネスマンから、「日本には尊敬の念を抱いている」と親しみを込めて言われた経験があります。

細かくは覚えていませんがODA(政府開発援助)で、故郷のインフラか何かが整備がされたと教えてくれました。

外務省の情報を調べてみると、インドや東南アジア各国でさまざまな活動を行っていると分かります。こうした地道な貢献も、日本人に対する評価に大きな影響を与えているのかもしれませんね。

 

第5位→第1位

日本に好感を持ってくれる世界の親日国TOP10
次はTOP5を紹介します。

第1位・・・タイ、フィリピン、ベトナム
第4位・・・香港
第5位・・・台湾

と、第1位が同率で3か国並ぶ結果に。こちらも同じく東南アジアの国々ですね。フィリピン、ベトナムからの観光客に関しては年間で30万人ほどですが、タイの人については2016年に90万人も日本を訪れています。

こうした国々には、日本の企業も多く進出していますよね。筆者の知人や親族も、ランクインした東南アジアの国々で懸命に働いています。

台湾の人については416万人とけた違いの訪日客数になっています。同国の人口は2300万人ほど。そのうちの400万人が年間で日本を訪れていると考えると、すごい数になります。

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会