体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「街の香り」を求めて、ヨーロッパを旅する男の正体

「街の香り」を求めて、ヨーロッパを旅する男の正体

旅は、知らない街の文化や風景、雰囲気や空気などにどっぷり浸かることが何よりの醍醐味。中でも、土地によって大きく違って、しかも記憶に強く刷り込まれるのが「香り」。

これは、なかなか気付くようで気付かない、街ごとの「香り」を表現した不思議な動画。

ひたすら嗅ぐ
謎めいた男

「街の香り」を求めて、ヨーロッパを旅する男の正体 チューリップ畑の真ん中で、一輪を嗅ぐっている。「街の香り」を求めて、ヨーロッパを旅する男の正体 チーズ工房の美味しそうなチーズも。「街の香り」を求めて、ヨーロッパを旅する男の正体 時には、カーニバルに遊びに来た少女が手にしている綿アメも。「街の香り」を求めて、ヨーロッパを旅する男の正体 カップルの間を割り込んでまで嗅ぐ、コーヒーにも。「街の香り」を求めて、ヨーロッパを旅する男の正体 エッフェル塔をバックに、絵の具付きの筆まで?「街の香り」を求めて、ヨーロッパを旅する男の正体 蜂蜜の甘い香りにも誘われている。「街の香り」を求めて、ヨーロッパを旅する男の正体

彼はパリ、ブリュッセル、ケルン、そしてアムステルダムへと出向き、やたらと真剣にその街の名産や観光地を思いっきり嗅ぐっては、また次の目的地へと向かう。果たして、何の為に熱心に色んな「香り」の研究をしているのでしょう?「街の香り」を求めて、ヨーロッパを旅する男の正体

「香り」と「旅」を結ぶ
インスタレーション

「街の香り」を求めて、ヨーロッパを旅する男の正体「街の香り」を求めて、ヨーロッパを旅する男の正体
1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。