ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

伝統工芸を贈る新電報サービス「みつぼし」、 隈研吾参加「EJP」の製品も

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
east-japan-project_001

電報サービス「みつぼし」にて、「East Japan Project(EJP)」の製品の取り扱いがスタートします。

EJPは、2011年に建築家・隈研吾氏が中心となって設立した東日本復興支援団体。土地に根ざした伝統工芸品を活かし、再び生活の中に取り入れる「新しい日用品」として提案する活動を行っており、宮城県白石市の「白石和紙」を使った扇子から始まり、宮城県鳴子温泉の伝統土産「鳴子こけし」に一捻りを加えたこけし型ライト、茨城県笠間市の「笠間焼」の職人による陶製アナログスピーカーなど、東日本大震災で被災した地域のメーカーと世界のデザイナーがコラボしながら様々なプロダクトを発表しています。

みつぼしは、メッセージとともに日本の工芸品を贈ることができる電報サービス。これまでも硝子製品の廣田硝子、手ぬぐいのかまわぬ、輪島漆器の輪島キリモト、高岡鋳物の能作など工芸ブランドの製品をラインナップしていましたが、EJPの製品が新たに加わります。

大切な人への贈り物に、復興の願いとおもてなしの心を添えて。ギフト・贈答品の新しい選択肢として取り入れてみてはいかがでしょうか。

east-japan-project_009 デザイナーはNOSIGNER、工房は宮城県鳴子の松田工房による「NARUCO Kokeshi Light」。

east-japan-project_008 デンマークのプロダクトデザインユニット・KiBiSiと笠間焼の陶芸家・伊藤公象氏とのコラボレーションから生まれた陶製アナログスピーカー「OTO」。

east-japan-project_006

east-japan-project_002 みつぼしの電報。越前和紙が使われています。

east-japan-project_003

east-japan-project_004 みつぼしの既存ラインナップ。

East Japan Project(EJP)

アイテム:

NARUCO Kokeshi Light

製作:松田工房(宮城県)

デザイナー:NOSIGNER

素材:ミズキ

サイズ:W55mm × D55mm × H225mm

模様:黒ベタ塗り、黒ボーダー、赤ベタ塗り、赤ボーダー、虹色

光源:LED

アイテム:

OTO

製作:ITO ATELIER(Kosho Ito)

デザイン:KiBiSi

素材:陶器 / ウォールナット

電報ブランド「みつぼし」

詳細:http: //www.mitsuboshi-denpo.jp

Writing:Ruiko Eguchi

Edit:塩見直輔

関連記事リンク(外部サイト)

コーヒー片手にヒュッゲな空間で名作チェアを堪能「珈琲と楽しむ椅子展」
開催迫る!「OZONE インテリアセール 2017 SUMMER」でインテリアをアップデート
全国の人気手芸店が集合「針しごとの6月」開催中

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABROOM NEWSの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。