ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

手料理革命!? スマホから簡単に火加減を調整できる魔法のコンロ

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

火加減は料理の初心者がぶつかる難関のひとつ。「強火」「弱火」の微妙な調節は味の要となるだけに、ミスは避けたいところです。料理によって、自動的に火加減を調節してくれる魔法みたいなコンロはないかしら?

あるんです。それが、FirstBuild社が開発したスマートクッキングデバイス、「Paragon Induction Cooktop(パラゴン インダクション クックトップ)」。

スマホから料理に適した温度調節が可能なIHコンロ

付属のセンサーを鍋に設置することで、0.5℃単位での調節が可能に

Paragon Induction Cooktopは、スマートフォンから火加減を調節できることが強みのIHコンロ。付属のセンサーとセットで使用します。

火加減の自動調節の仕組みはというと、スマートフォンとコンロをBluetoothで接続し、専用アプリからセンサーを通して温度調節を行うというもの。「ステーキ」「ポーチドエッグ」「ローストビーフ」など、特に火加減が難しい料理の温度調節がアプリからできるようになり、肉料理に関しては焼き加減まで指定ができるのだとか。

これなら鍋の様子をずっと監視しておく必要もなくなって、調理しながら次の料理に着手することができそう。途中で火加減を変えなくてはいけない料理でも、遠隔で操作できます。料理初心者だけでなく、調理の時短術としてもメリットがありますね。

IHをしのぐハイパワー

気になる温度管理の精度も非常に高く、本体に付属された温度センサーは、0.5℃単位で感知が可能。そのため、どんなに難しい料理でも失敗を減らせます。

またコンロは1,400Wの出力が可能で、高火力で一気にカラっと揚げたい揚げ物なんかもバッチリ。

本体はフライパンひとつ分程度の大きさ。IH部分も大きすぎないから、簡単に持ち運ぶことが可能です。バーベキューやキャンプなどのシーズンに、みんなでわいわい食事をするこのシーズンにもピッタリ。ガスが使えないオフィスなんかでも重宝しそう。

スマホを家電と連携させることで、これまで苦手だった料理や家事も、スマートにこなせる時代になりました。これさえあれば、誰でもどこでも料理に取り組めますよ。1セット299ドル、Indiegogoから購入可能です(発送は現在アメリカのみ)。
こちらの記事もあわせてどうぞ
洗濯機が勝手に洗剤を注文してくれる「スマート家電」時代がすぐそこに!!

関連リンク

Paragon Induction Cooktop(Indiegogo)

関連記事リンク(外部サイト)

洗濯機が勝手に洗剤を注文してくれる「スマート家電」時代がすぐそこに!!
IoTとバリスタの技術を組み合わせた「GINA」で、誰でも完璧なコーヒーが淹れられる!
北欧のデザイン家電コンテストは未来のアイデアにあふれている!

TIME & SPACEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。