体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

私のインサイトはいつもカオス(笑) #ふたりごと

「人って考えているようで、じつは思い出しているんだ」って、どこかで読んだことがある。

私もいつも何かを考えているようで、じつは何も考えていないような(笑)。考え抜いたぞー! っていう時間って、思いのほか少ないのかも。
私のインサイトはいつもカオス(笑)

私のインサイトはいつもカオス(笑)

20170614_hnamekata_02.jpg久美ちゃんが日課にしてるウォーキングやマラソンとかの有酸素運動って、頭を空っぽにするのに、すごくいいらしいね。私は、頭をクリアにするために意識的にしていることはとくにないけれど、移動している間にクリアになっていく感覚はある。

つねにいくつもの案件が同時進行しているから、私のインサイトはいつもカオス(笑)。

だけど、ひとつのことだけを考えるよりも、同時にいくつかのことを考えているほうが、他の案件に応用することもできるし、ぜんぜん関係ないこと同士が、思いもよらなかった形でつながったりする。結果的にいい方向に働いてるんだよね。

「アイデアと移動距離は比例する」これは、高城剛さんのとある著書のなかの言葉。初めて読んだとき、ものすごく腑に落ちた。

飛行機や新幹線で移動していると、いろんなことがあるべき場所に整理されていく感覚になる。移動時間って、いちばん集中できる時間でもある。アイデアが湧いてくるのは、机と向かい合ってないときのほうが多い。

以前、ニューヨークまでのフライトで本を読みつつ企画書を作っていたら、一度も席を立たず食事もとらずに着いちゃった! なんてことがあったくらい。その逆で、一度も起きずに眠り続けたこともあるけどね。

ジムでパーソナルトレーニングしているときも、そう。トレーナーが言うように脳と身体の神経をつなげようとしているときって、思考が自分の内側に向いているから、トレーニング後は身体だけじゃなくて、頭もスッキリしてる。

奥行きと遊び心を感じる、カリフォルニアのリアルクローズ

20170614_hnamekata_01.pngクライアントのひとつに、カリフォルニア発のブランド「JAMES PERSE(ジェームス パース)」がある。穏やかな西海岸のライフスタイルを取り込んだ、シンプルでミニマルなカリフォルニアのリアルクローズを展開しているブランド。

去年、私もロスアンゼルスの店舗をいくつか訪れた。1店舗、1店舗ごとにそれぞれが素敵な空間だった。

ジェームス・パース自身のライフスタイルが、モダナイズされて新しいカリフォルニアカルチャーとして発信されているんだって実感できて、本当にクールだった。

売れるためだけを考えたチェーンオペレーションやマーケティングで作り上げられたブランドとはちがう。そこには奥行きと遊び心、そして強いコアとリアリティがある。

みんながハッピーじゃないと、やる意味がない

20170614_hnamekata_06.jpgそんな素敵なJAMES PERSEの世界観を、洋服だけでなく、空間ごと体感してもらおう、というイベントの企画運営させてもらうことに。つい先日、記念すべき第1回目を開催したの。

アンバサダーにお迎えしたのは、スタイリストの亘つぐみさん。初回はつぐみさんしかいないって、熱烈ラブコールした。そして、つぐみさんが夢中になっているブラジリアン柔術の教室にもご協力をいただいて、ヘルシーな女子だけの朝会を企画、開催することができた。

そもそもこの会の趣旨は、JAMES PERSEの世界観を体感してもらうことにある。

1 2次のページ
グリッティの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会