体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

スウェーデンに「失敗作ばかりを集めた博物館」がオープン

スウェーデンに「失敗作ばかりを集めた博物館」がオープン

大ヒット商品を世に送り出す企業でも、開発の裏には数え切れないほどの失敗があるものだ。さらに言えば、たとえ商品化してリリースされたプロダクトであっても、世間の評価が低ければ、それもまた失敗であることには変わりない。

こうした「失敗作ばかりを集めた博物館」が、スウェーデン南部ヘルシングボリに今月7日オープンした。開発企業からすれば、泣き面に蜂のようなハナシ。だが、僕らが学ぶべきものは多そうだ。

イノベーションの9割は
失敗に終わる

スウェーデンに「失敗作ばかりを集めた博物館」がオープン

「成功の裏にあるはずの失敗にフタをして、功績を讃えるばかりのミュージアムが数え切れないほどあります。そういったものにもう飽き飽きしていたんです」。

館長Samuel Westが1年かけて世界中から選び抜いた展示品は、およそ70。どれも世界の名だたる企業が実際にリリースしたプロダクトやサービスだ。あるものは製品の意図を理解されず、またあるものは時代を先取りしすぎたために、その価値が認められないまま市場から消えていったものたち。

世間的に見れば、あるいは企業からしても、それらは失敗作だったのかもしれない。けれど、「その大部分は革新的な失敗」だと、Samuelは強調する。なぜなら、偉大な成功には失敗はつきものであり、その失敗から学ぶのが人間。それが臨床心理学者でもある「Museum of Failure(失敗博物館)」館長の信念だから。

ちなみに写真で氏が手にしているのは、ノキアから2003年に発売された、携帯電話機能とゲーム端末が一体となった「N-Gage」。圧倒的なゲームタイトル不足から販売が伸び悩み、ついには姿を消し、博物館で収蔵されることに。

革新的なアイデアには、つねにリスクがついて回る。それでも、こうして改めて見てみれば、なんとユニークな側面を秘めた愛すべき品々だろう。

スマホの台頭で存在感示せず
「TwitterPeek」

スウェーデンに「失敗作ばかりを集めた博物館」がオープン

Twitter専用モバイルとして、2008年に登場した「TwitterPeek」。すでにスマホも普及し始めていたためだろうか、若者層からの支持がほとんど得られず。スクリーンも小さすぎて、ツイート全体を表示できなかったことがネックだった?

自転車以上のニーズ見出せず
「セグウェイ」

スウェーデンに「失敗作ばかりを集めた博物館」がオープン

“移動形態を変える革命的な製品”、と発売前から注目されていた「セグウェイ」だが、フタを開けてみれば価格約60万円(当時)がネックとなり、販売数は伸び悩み。

コーヒー?コーラ?どっちつかずな
「コカ・コーラ ブラック」

スウェーデンに「失敗作ばかりを集めた博物館」がオープン

“大人味のコーラ”としてフランスで発売された「コカ・コーラ ブラック」。2006年当時流行りのコーヒーコーラのような甘さはなく、コーヒーとも、コーラともつかないどっちつかずな味も、ブランディングも受け入れられなかったのか、数ヶ月で販売中止に。

時代を先取りしすぎた
「アップル・ニュートン」

スウェーデンに「失敗作ばかりを集めた博物館」がオープン
1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。