体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

赤い河のほとりーカッパドキアを流れる悠久の大河「クズル・ウルマック」

生活・趣味

【TABIZINE 現地特派員による寄稿】 

赤い河のほとりーカッパドキアを流れる悠久の大河「クズル・ウルマック」
気球から眺めた「赤い河/クズルウルマック」とアバノスの町

「天は赤い河のほとり(作:篠原千絵)」の漫画をご存じですか?

主人公ユーリが、現代からヒッタイト帝国の繁栄していた時代にタイムスリップして、皇位継承に巻き込まれるという古代ロマンのストーリー。

舞台になった大河「赤い河」は、トルコの東アナトリアに始まり、カッパドキアを抜けて、弧を描くように黒海に流れ込む全長1355㎞のトルコで一番長い河です。トルコ語では、赤い河を「クズルウルマック」と呼び、クズルは赤(煉瓦色の赤茶)、ウルマックは河を意味しています。

カッパドキアと聞いてイメージする砂漠と奇岩とは、まったく異なる緑豊かな一帯が、この赤い河のほとりの町アバノスです。

赤い河のほとりーカッパドキアを流れる悠久の大河「クズル・ウルマック」
アバノスは、カッパドキアの中心ギョレメの村から車で5分。路線バスでも気軽に行ける場所にあります。赤い河・クズルウルマックから採れる赤土を使った陶芸の町と有名です。

町にはいくつもの工房があり、赤土を使いヒッタイトのモチーフを描いた作品は、お土産としても人気です。実際に焼き物作り体験をさせてくれる工房もあり、良い旅の思い出に、作品を作るのも楽しいですよ。

赤い河のほとりーカッパドキアを流れる悠久の大河「クズル・ウルマック」
絵付け作業中

ヒッタイトの柄を描いたワインカップ。ワインカップ以外にもワインのデキャンタや、プレートなど大きな作品から小さなものまで様々作られています。どれも、悠久のロマン感じる作品です。

赤い河のほとりーカッパドキアを流れる悠久の大河「クズル・ウルマック」
ヒッタイト柄の焼き物

赤い河のほとりーカッパドキアを流れる悠久の大河「クズル・ウルマック」
展示会で見つけた可愛いゾウの形のキャンドルポット

アバノスは町を挙げて「陶芸の町」をアピールしており、不定期ですが地元の陶芸家の作品を集めた展示会なども積極的に行っています。小さな展示会には、個性的でユニークな作品が並びます。驚くことにアバノスには、日本人の陶芸家もいらっしゃいます。和を感じる作品は、シンプルで優雅。今後さらなる活躍を期待しています。

1 2 3次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会