ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

フレデリック、新曲「かなしいうれしい」への想いを語る

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

フレデリック、新曲「かなしいうれしい」への想いを語る
J-WAVEで放送中の番組「THE KINGS PLACE」(火曜担当ナビゲーター:フレデリック)。6月13日のオンエアでは、フレデリックの新曲が初オンエアされました!

8月16日(水)にセカンドシングル「かなしいうれしい」がリリースされるフレデリック。ライブなどでは既に披露しているそうですが、音源が流れるのはこの日が初めてということでした。

健司によると、インディーズの時に「かなしいうれしい」という曲はあったそうですが、内容は大きく変わり当時の面影はほぼ無いため、“新曲”と言っていいものが出来上がったそうです。

そしてこの曲は、アニメ「恋と嘘」のオープニング曲になっていますが、康司はその話が来る前から原作を知っていたそうで、「作品の中にある『嘘』っていう言葉の中への純粋な想いが、すごく心にきて。それと絵のタッチ。人の表情とかをすっごくキレイに描く人で、それにもすごい惹かれて」と作品への想いを明かしました。

さらにこの「かなしいうれしい」がオープニングになると決まった時に思ったことがあるそうです。

「アニメのシーンを重ねるごとにどんどん想いとかが大きくなっていくわけやんか…。いろんな出来事があって、その中の『悲しい』と『嬉しい』の感情が、やっぱりすごい大切になってくるわけ。だからこそ、それを大事に縒り合せて、そしたら自分も想像してなかったことに、今までにない儚さを持った、フレデリックらしい、すごいエモーショナルな1曲ができあがった」(康司)

康司自身もバンドでライブしていく中での悔しかった気持ちや嬉しい気持ちを「リズミックなユラユラ踊れるエモーショナルな楽曲」に乗せた曲になっているそうで、「自分にとっても自信作」「いろんな人に聴いてもらいたい曲ができあがりましたね」と締めくくっていました。

この曲はフレデリックが4人になって初めてのシングルということもあり「これからやっていくんだ」という決意表明の曲でもあるそう。気になった方はチェックしてみましょう!

さらにこの日の放送では、フレデリックのメンバーが思う「年下とのジェネレーションギャップを感じる時」も明かされました。そしてある方が“ある一言”だけを届けてくれ、メンバーが驚愕する一場面もありました。

さて、14日(水)は04 Limited Sazabysが担当! かつてキンプレ水曜を担当していたandropからあの人が登場します! どうぞお楽しみに!

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「THE KINGS PLACE」
放送日時:月・火・水・木曜 26時−27時
オフィシャルサイト: http://www.j-wave.co.jp/original/kingsplace/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。