ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

マーベル新作『Black Panther』の予告編が1日で再生回数8900万回を突破!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
マーベル新作『Black Panther』の予告編が1日で再生回数8900万回を突破!

チャドウィック・ボーズマン主演の映画『Black Panther』(原題)の予告編第一弾が、6月9日金曜日の夜、NBAファイナル第4戦の中で初公開された。これを見たファンはブラックパンサーの小国ワカンダに早く行きたくてウズウズしているはずだ。さらに、予告編だけでなく、オフィシャルポスターも同日公開されている。『ハリウッド・レポーター』によると、予告編は最初の24時間だけで8900万回以上も再生されたという。これにはNBAの試合を見ていた1900万人の視聴者も含まれている。

この再生回数は驚異的な数字だが、マーベル史上最高回数ではない。ハリウッド・レポーターの報道によれば、マーベルの中で最も再生された初公開の予告編は、『マイティ・ソー バトルロイヤル』で、1億3600万回に上るという。だが、今回の『Black Panther』もトップ3に入っており、『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』や『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』、『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』の予告編よりも再生回数が多い。

この公式予告編は6月14日の時点で2000万回以上再生されている。

だが、おそらく視聴回数の合計よりも重要なのは、映画に対する全体的な反応だろう。そして、その反応は圧倒的にポジティブなものが多い。『Black Panther』はツイッターで超ホットなトピックとなり、ハリウッド・レポーターによると、24時間で349,000回もツイートされたそうだ。これは、金曜日のNBAの試合そのものよりも多く、『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』の予告編の公開に続いて2番目に多くツイートされている。

『Black Panther』の予告編についてもっと知りたい方は、『エンターテイメント・ウィークリー』で同作品の監督を務めたライアン・クーグラーが詳しく説明をしているので、そちらをチェックしてみよう。『Black Panther』(原題)は2018年2月16日全米公開予定。さらに、チャドウィック・ボーズマンはブラックパンサーが『Avengers: Infinity War』(原題)でマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)の他のメンバーに加わることを認めている。

■参照リンク
http://www.moviefone.com/

関連記事リンク(外部サイト)

マーベル新作『Black Panther』の予告編が1日で再生回数8900万回を突破!

アイアンマンだらけにされた映画『スパイダーマン:ホームカミング』のポスターのコラ画像をロバート・ダウニー・Jrが称賛!?

ジュリー・アンドリュースが映画『メリー・ポピンズ』続編への出演を断った理由とは?

「バケツ頭卿」と名乗る人物が英下院選に立候補!?

映画『スーサイド・スクワッド』の続編が来年にも撮影開始!

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。