体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

発展途上国の女性を救う太陽光発電のMP3プレイヤー「Uridu」

uridu_1暴力、性的差別、強制結婚。発展途上国では、多くの女性が今も不当な扱いに苦しめられている。彼女たちのほとんどは、文字の読み書きすらままならない。「女性に教育は必要ない」という、理不尽な思想によって、学ぶことを禁じられているからだ。

先進国にいる私たちは、インターネットを駆使してさまざまな情報を享受しているというのに、彼女たちは最低限必要な知識を、習得することさえできないのだ。

・プレイヤーの中に必要な情報を保存

uridu_2この状況を変えるために立ち上がったのが、発展途上国や新興国の農村女性のために活動する非営利団体「Uridu」だ。彼らが考案したのは、太陽光で稼働するMP3プレイヤー。途上国の女性に必要な事柄を多数保存し、フレキシブルに情報を引き出せるシステムの提供を開始した、

「Uridu」MP3プレイヤーは、小型で堅牢なデバイス。ひと目でそれとわかる大きなボタンと内蔵のソーラーパネルで、どんな場所でも動作するよう設計されている。“Uridupedia”と呼ばれるデバイス内のMP3ファイルには、健康や仕事に関する質疑応答、女性に対する暴力の問題に触れたコンテンツを保存。直感的な操作で、いつでも情報を閲覧することができる。

・世界各国から10万人以上のボランティアが協力

uridu_3コンテンツは、世界中から集まった10万人以上のボランティアが100以上の言語に翻訳。携帯電話やパソコンなど、他の端末からの閲覧も可能だ。現在は地方のNGO、協同組合など、多くの機関の助けを借りて、農村の女性に無料で提供している。

「Uridu」の目的は、世界中の女性に必要な知識を習得してもらうこと。それが、貧困から抜け出す鍵になると、述べている。活動は今始まったばかり。その理念が、普及することを願う。

Uridu

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。