ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

世界60ヶ国を周った旅人が伝えたい「安全トラベル」の掟

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
世界60ヶ国を周った旅人が伝えたい「安全トラベル」の掟

旅については様々な学術的な研究も重ねてきたという、旅研究家のKathleen Peddicord氏。

彼は30年以上に渡り60ヵ国以上を旅してきた、旅のエキスパートでもあります。その氏が自らの経験から培った、「安全に旅を続けるための19の掟」を紹介しています。

01.
デビットカードとクレジットカードは2枚ずつ持つ。

世界60ヶ国を周った旅人が伝えたい「安全トラベル」の掟

クレジットカード会社は、事前通告さえすればどの国でもカード使用はできると保障している。しかし、それを言葉通りに受け取ってはいけない。カード会社は、悪質な利用にとても敏感だ。カードにいつもと異なる動きがあると、急に使えなくなることもある。

普段使っているカードだけに頼るのではなく、最低でも1つは代わりとなるカードを持っておこう。

02.
デビットカードは、できるだけ利用しない。

デビットカードは便利ではあるものの、クレジットカードに比べて不正利用の被害に遭いやすい。ATMだけの使用に控えよう。

03.
訪れる国の基本的なあいさつは覚えておこう。

世界60ヶ国を周った旅人が伝えたい「安全トラベル」の掟おはよう、こんにちは、ありがとう…。そんな簡単なフレーズだけでも、現地の言葉で話せれば第一印象は変わってくるはず。事前に勉強しておくようにしよう。「Duolingo」という翻訳アプリが便利でおすすめだ。

04.
つねに小銭は持っておこう。

別の国からでも、ATMを使えば簡単にお金を引き出せる。しかも手数料も安い。また観光地なら外貨両替所もあるので、積極的に利用しよう。

ただし、空港の取引所はおすすめしない。

05.
銀行ごとの手数料の差額を事前に調べておこう。

ATMからの現金引き出しにかかる手数料は、銀行ごとで違う。0円の場合もあれば、500円引かれてしまう場合もある。事前に調べておくことが重要だ。

06.
現地のSIMカードを到着後すぐに購入しよう。

世界60ヶ国を周った旅人が伝えたい「安全トラベル」の掟

現地のSIMカードは、空港の売店などで即購入可能だ。Google Mapや翻訳アプリなどが使えるようになるだけではなく、現地の携帯番号を得ることができるので、これから会う新しい人と交流を持つきっかけにもなる。

また、家族や友だちなどと団体で行動する場合でも、普段通りの感覚で連絡が取れるので、安心だ。私自身、パリに家族で旅行をした際に、SIMカードの購入を怠ったことがある。あのときは寒い雨が降る中、延々と迷子になってしまった。

07.
適切な服装を心がけよう。

服装から「旅行者だ」と判断されると、悪質な客引きなどのターゲットになる。なるべく現地人に溶け込めるような服装を心がけよう。

08.
夜中に外出する際は、現金で5,000円ほど持っておこう。

当然、多額の現金をそのまま持っていくのは危険だ。盗まれた場合、帰りのタクシーにすら乗ることができなくなった、なんてことも起こる。少額を別の場所に持っておこう。

09.
パスポートは携帯しないようにしよう。

身分証明になる顔写真や入国証明のスタンプの箇所だけコピーをとっておき、パスポート自体は別の場所に保管しておこう。

10.
空港から目的地まで、タクシーでかかる値段を調べておく。

世界60ヶ国を周った旅人が伝えたい「安全トラベル」の掟適切な値段を事前に知っておけば、旅行者を狙って法外な料金を請求してくる悪質な業者に騙されにくくなる。

11.
公式なタクシー会社を利用しよう。

旅行者狙いの悪質な個人タクシーに話しかけられても、ついていかないように。

12.
観光地や旅行者がたくさん集まる場所は避けよう。

もし安く食事をしたいのなら、旅行者が行くようなお店やレストランには行かないこと。当たり前だけど、かなり割高になっている。

13.
現地に慣れていないような行動は見せないように。

世界60ヶ国を周った旅人が伝えたい「安全トラベル」の掟道などがわからずGoogle Mapに頼ることもあると思う。そういうときは、レストランやお店、またホテルのロビーなどに立ち寄って調べよう。

14.
デモ活動や抗議活動への参加はできるだけ控える。

残念ながら、旅行者がこうした活動をきっかけにトラブルに巻き込まれることも少なくない。

 

15.
政治的な発言や論争にできるだけ参加しないように。

訪問先の政治のあり方は、あなたとは無関係なのだ。

16.
危険を感じたら、公共の場へ逃げる。

安全を確保するためには、人目の多いところに行くこと。

17.
旅行先の有名な詐欺や窃盗に気を付けよう。

世界60ヶ国を周った旅人が伝えたい「安全トラベル」の掟例えばパリには、金の指輪を使った有名な詐欺がある。現地特有の有名な詐欺の手法は、事前に知ってさえおけば騙されなくなる。

18.
滞在予定期間内にビザの発行が必要かどうかを事前に確認する。

ビザを必要とする条件は、実にさまざま。例えばあなたがアメリカ人なら、ブラジルに旅行をする際は必ずビザの申請が必要だ。

19.
入国の際に必要な金額を事前に調べる。

入国審査時に、一定の金額を支払わねば入国できない場合がある。例えば、ニカラグアやドミニカ共和国では入国時に10ドル、またケニアでは50ドルがなければ入国できない。こう行った下調べは不可欠だ。Licensed material used with permission by Alfredo Capella

関連記事リンク(外部サイト)

「自由に旅するために努力をしたんだ」。2年間で50ヶ国を回った、21歳の旅人
いつも旅のことばかり考えてしまう「トラベルバグ」って、こんな人。
新しい旅のカタチ、LCTとは?ローコストトラベルの新しい波

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。