体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

世界60ヶ国を周った旅人が伝えたい「安全トラベル」の掟

生活・趣味
世界60ヶ国を周った旅人が伝えたい「安全トラベル」の掟

旅については様々な学術的な研究も重ねてきたという、旅研究家のKathleen Peddicord氏。

彼は30年以上に渡り60ヵ国以上を旅してきた、旅のエキスパートでもあります。その氏が自らの経験から培った、「安全に旅を続けるための19の掟」を紹介しています。

01.
デビットカードとクレジットカードは2枚ずつ持つ。

世界60ヶ国を周った旅人が伝えたい「安全トラベル」の掟

クレジットカード会社は、事前通告さえすればどの国でもカード使用はできると保障している。しかし、それを言葉通りに受け取ってはいけない。カード会社は、悪質な利用にとても敏感だ。カードにいつもと異なる動きがあると、急に使えなくなることもある。

普段使っているカードだけに頼るのではなく、最低でも1つは代わりとなるカードを持っておこう。

02.
デビットカードは、できるだけ利用しない。

デビットカードは便利ではあるものの、クレジットカードに比べて不正利用の被害に遭いやすい。ATMだけの使用に控えよう。

03.
訪れる国の基本的なあいさつは覚えておこう。

世界60ヶ国を周った旅人が伝えたい「安全トラベル」の掟おはよう、こんにちは、ありがとう…。そんな簡単なフレーズだけでも、現地の言葉で話せれば第一印象は変わってくるはず。事前に勉強しておくようにしよう。「Duolingo」という翻訳アプリが便利でおすすめだ。

04.
つねに小銭は持っておこう。

別の国からでも、ATMを使えば簡単にお金を引き出せる。しかも手数料も安い。また観光地なら外貨両替所もあるので、積極的に利用しよう。

ただし、空港の取引所はおすすめしない。

05.
銀行ごとの手数料の差額を事前に調べておこう。

ATMからの現金引き出しにかかる手数料は、銀行ごとで違う。0円の場合もあれば、500円引かれてしまう場合もある。事前に調べておくことが重要だ。

06.
現地のSIMカードを到着後すぐに購入しよう。

世界60ヶ国を周った旅人が伝えたい「安全トラベル」の掟
1 2 3次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会