ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

BOYS AND MEN、8/2リリース「帆を上げろ!」がドラマ『マジで航海してます。』の主題歌に決定

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
BOYS AND MEN、8/2リリース「帆を上げろ!」がドラマ『マジで航海してます。』の主題歌に決定

BOYS AND MENが8月2日にリリースするニューシングル「帆を上げろ!」が7月からMBS/TBSドラマイズムで放送される『マジで航海してます。』の主題歌に決定した。本楽曲は、作曲ヒャダイン、作詞いしわたり淳治の初タッグで挑む新曲となっており、このドラマのために書き下ろされた。

「帆を上げろ!」は作曲ヒャダインの個性的なJPOPの勢い爽やかさ、そして遊び心もありつつ、作詞いしわたり淳治の歌詞でボイメンの世界観、ドラマの世界観がしっかりと表現されている。

「夢は諦めなければ必ず叶う」その熱い思いを胸に、日本中の人たちの背中を押し続けてきた彼らの男気溢れるド派手なボイメンワールド炸裂のパフォーマンスにも注目な楽曲となっている。

ドラマ『マジで航海してます。』は、MBS/TBSドラマイズム枠で7月から全5話で放送を予定。TBS、MBSに加えてRKB、CBC、HBCの主要5局での放送を予定。内容は、女性航海士を目指す二人の大学生を主人公としたオリジナルストーリーの青春コメディとなっている。

『マジで航海してます。』プロデューサー/MBS 尹 楊会コメント
今回のドラマは「航海士」を目指す学生の青春コメディですので、同世代であり、且つ「夏」、「海」が似合う方に主題歌を歌って欲しいと思い、そのイメージにピッタリなBOYS AND MENさんにオファーさせて頂きました。
「帆を上げろ!」は、前向きな応援ソングでありながらも遊び心満載で中毒性が高く、何回でも聞きたくなるような楽曲です。
真摯に「航海士」を目指す若者をコメディタッチ満載で描いたこのドラマの世界観ともぴったりに仕上がっており、スタッフ出演者一同、非常に感謝しております。
BOYS AND MENさんは、名古屋発祥のグループではありますが、間違いなく全国に広がっていける実力のあるグループですので、このドラマを通じて、関東・関西をはじめ、さらに全国に羽ばたいて行って頂きたいと思っております。

BOYS AND MEN 水野勝 コメント
・ドラマ主題歌が決まった時の感想
BOYSANDMENがドラマの主題歌を歌わせていただく事がとても嬉しかったです。
それと同時にドラマの世界観とどのようにリンクするんだろうという期待感が高まりました!

・曲を聴いたときの印象
とても疾走感があってキャッチーな曲になっていました!
気づいたら口ずさんでしまう素敵な楽曲です。

・曲の聴きどころ
長い時間陸地を見失う覚悟がなけりゃ新大陸は探せないっていうフレーズがあるんですが自分の人生をかけて何か挑戦する時どうしてもいざとなったらっていう逃げ道を探してしまう事ってあると思うんです。
本気で新しいことにぶつかる時は何もかも投げうって飛び込んじゃえばいいじゃんっていう勇気をもらえるところです!

・ドラマへの応援コメント、エール、期待したいこと
井口監督の作品は拝見させていただいた事があるので今回はどんな内容になっているのかコメディ要素もあってとても興味深いです!
航海訓練を通して主人公2人がどのように成長していくのか視聴者の1人としてこのドラマを楽しませていただこうと思います!!
僕も出たかった!!!!!!!笑

リリース情報
シングル「帆を上げろ」
8月2日(水)発売
初回限定盤A(CD+DVD):UICV-9254 1,800円(税込)
初回限定盤B(CD+DVD):UICV-9255 1,800円(税込)
初回限定盤 ピクチャーレーベル(CD):UICV-9256 1,080円(税込)
通常盤(CD):UICV-5066 1,350円(税込)

ドラマ情報
MBS/TBSドラマ『マジで航海してます。』
2017年7月よりMBS、TBS深夜枠ほかにて放送開始
主演:飯豊まりえ、武田玲奈
監督:井口昇
脚本:アサダアツシ
制作プロダクション:ダブ
製作:「マジで航海してます。」製作委員会・MBS
オフィシャルサイト:http://www.mbs.jp/majikoukai/

関連リンク

BOYS AND MEN オフィシャルサイトhttps://boysandmen.jp/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。