ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ドレイク、またシャーデーのタトゥーを入れる

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
ドレイク、またシャーデーのタトゥーを入れる

 タトゥー好きのドレイクがまたシャーデーの肖像画を彫ってもらったようだ。

 今年3月にスウェーデンのタトゥー・アーティスト、ニキ・ノルバーグによる黒一色のシャーデーのポートレートを脇腹に入れた彼だが、今度はベルギーのアーティスト、Inal Bersekovがそのデザインを生かしながら上に彼女の横顔を描いた。

 新しいタトゥーの写真をインスタグラムに投稿したBersekovは、「モア・ライフ。モア・タトゥーズ。素晴らしいアーティスト(ノルバーグ)が(ドレイク)に描いた(シャーデー)がモチーフのこの作品を続けられて光栄だった。継続が楽しみだ」とキャプションに綴っている。

 ドレイクは今年の3月、楽屋でシャーデーと自身の母親と撮った写真をインスタグラムに投稿し、“俺にとってとても大切な女性たち”と書くほど敬愛している。

 シャーデーや両親の顔以外にも、叔父と祖母、故アリーヤの肖像画、メンズ・フレグランスのドラッカー・ノワールの瓶(ドレイクの旧ハンドル名にも使われていた)、トロントのCNタワーやOVOフクロウなど、ドレイクは大小20数個のタトゥーを入れている。

◎Inal Bersekovによる投稿
https://www.instagram.com/p/BVQpIL2FUk2/
https://www.instagram.com/p/BVQqDGwlvUO/

◎ドレイクによる投稿
https://www.instagram.com/p/BR4fSnijoR1/

関連記事リンク(外部サイト)

DJキャレド、ドレイクとのコラボをドロップ&ニューALリリース日が明らかに
【2017 ビルボード・ミュージック・アワード】、ドレイクが最多となる13の賞を受賞
【2017 ビルボード・ミュージック・アワード】、ドレイクがあの有名な噴水とコラボ

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。