ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

インドネシア・エアアジアXのバリ島直行便なら、15時着でゆったり楽しめる!初便にライターが密着してきた

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
インドネシア・エアアジアXのバリ島直行便なら、15時着でゆったり楽しめる!初便にライターが密着してきた

おはようございます。早起きが大の苦手な夜行性のキタトモミです(@tbp_tmp12)。

photo by kitatomomi

突然ですが、みなさんここがどこかお分かりでしょうか?そう、私は旅人の夢への玄関口である、成田空港にいます。待ち合わせ時間に始発が動いていなかったので、京成バスで早朝の3:35に前乗りしました。今の時刻は朝の6:30。…眠いです!

ところで、こんなに朝早くからどこに行くかって?よくぞ聞いてくれました。

実は、格安LCCでお馴染みのインドネシア・エアアジアXが、成田空港からバリ島(デンパサール空港)への直行便を5/25(木)に就航開始したということで、急遽バリ島への初便に密着することになったのです。

今回はその貴重な搭乗記録と、滅多に見られないセレモニーの様子をみなさんにお届けしたいと思います!

 

そもそも、バリ島ってどこ?

photo by shutterstock

バリ島は東南アジアのインドネシア・バリ州に属している、有名な首都ジャカルタがあるジャワ島の東側に位置する島です。「神々の島」とも呼ばれるバリ島では、人口のおよそ90%がバリ土着の信仰や、ヒンドゥー教とインド仏教の習合であるバリ・ヒンドゥーという信仰に奉じています。

photo by shutterstock

気候は北西の季節風が吹く雨季(10月〜3月)と、南東の季節風が吹く乾季(4月〜9月)とに分かれるサバナ気候に属しているため、雨季の間には2〜3時間の間隔でスコールが降ったりする亜熱帯のリゾート地です。

 

日本からの直行便はもともと3便しかなかった!

photo by shutterstock

以前まで、日本からバリ島までの直行便はガルーダインドネシア航空の東京、大阪、名古屋発の3便しかなく、成田空港からは11:00に出発し、17:25に現地に到着するというフライトスケジュールしかありませんでした。

各社の乗り継ぎ便を利用すればもちろんバリ島に行くことは可能です。しかし、乗り継ぎというのは待ち時間が予想以上にかかったり、慣れない言語の国だと余計に体力を消耗してしまったりして、疲れてしまいませんか?

「もっと直行便があったらいいのに…。」そんな、みんなのあったらいいな!を叶えたのが、インドネシア・エアアジアXなんです。

 

インドネシア・エアアジアXならフライト時間も、価格も優しい

新しく就航したフライトスケジュールなら、朝出発で初日の午後からゆったり観光も可能。帰りは夜の便なので、飛行機で寝てしまえば翌日会社に直行することもできます!

▼インドネシア・エアアジアXの直行便スケジュールはこちら

photo by www.airasia.com

初めは週4便を予定していたインドネシア・エアアジアXでしたが、就航開始を機に事前予約が殺到したため、6月18日より毎日運行に変更するのだそう。

それもそのはず、インドネシア共和国観光省による2016年の統計だと、バリ島への日本人訪問者数は年間およそ233,387人!

昨年でこの数字なのだから、さらに人気観光地としてバリ島熱が高まるのは自然な流れといっても過言ではないでしょう。

photo by kitatomomi

しかも格安LCCエアアジアグループの傘下とあって、価格もお手頃。初便のキャンペーン価格は驚愕の9,900円から。先日まで行われていた四半期に一度のBIGセールでは大阪発で14,900円からと相変わらずの格安さでした。

エアアジアグループは8年連続で「ワールド・ベスト・ローコスト・エアライン」を受賞しているほど価格設定に定評のある航空会社なので、値段を抑えて旅したい方は要チェックです!
 

 
これはもう楽しみで仕方ありません。未踏のバリ島に高鳴る胸を必死に抑え、筆者は早朝の成田空港へと向かいました。

関連記事リンク(外部サイト)

バリ島で夕日に感動する観光スポット6選
独身アラサー女がバリの呪術師に知らされた、天地を揺るがす衝撃的事実
20代女子がバリ島観光でやるべき5つのとっておき体験♡
インドネシアの有名な観光スポット7選

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。