体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「みんながイキイキと働ける場を作りたい」コーヒーショップ店長、新卒採用のプロへの転身

 

2013年6月のリクルートキャリア入社以来、新卒採用サイト『リクナビ』のリクルーティングアドバイザー(以下RA)として働く廣川。「人と関わる仕事がしたい」「より良い出会いを作りたい」と語る彼女にとって、RAはまさに天職と言っても過言ではないかもしれません。お客様である企業と真摯に向き合う彼女のワークスタイルは、お客様からの信頼も厚く、職場の仲間からも支持されています。「みんながイキイキと働ける場を作りたい」という彼女の熱い思いには、意外な背景がありました。

f:id:carraria:20170602101345j:plain

 

廣川裕美(ひろかわ ゆみ)

前職は、コーヒーショップ店長として5年間勤務。その後、「みんながイキイキと働ける場を作りたい」という想いから、2013年株式会社リクルートキャリアに中途入社。新卒採用領域のリクルーティングアドバイザー(RA)として活躍し、入社2年目以降は中小企業から大手企業まで幅広く担当している。

 

 一番時間を使いたいのは、お客様との対話

f:id:carraria:20170602101521j:plain

私が今取り組んでいるのは、新卒採用支援。中小から大手まで、約30社の企業を担当しています。建設や不動産など歴史のある業界の企業が多く、リクルートキャリアとしても長らくお付き合いさせていただいているところばかり。大きな責任を感じながらも、日々自分らしく仕事ができていることを実感しています。

私のワークスタイルを一言で表すならば、「『人』ありき」です。新卒採用支援では、お客様がどのような企業かを理解することがとても重要なのですが、データや資料といった机上の情報からの理解だけでは足りないと、私は強く感じています。経営者や人事担当者に「実際のことをもっと教えてください」と粘り強くお願いして、直接聞いたからこそ得られる情報を大事にしています。

沿革には載っていない創業当初の苦労話や、社員の方の仕事に対する思い、成し遂げられたい夢など・・・。お客様との対話の中で深掘りをしていくと、理念や大切にしていること、活躍できる人物像が、話を伺う前より明確に浮かびあがってきます。その上で、どのようなメッセージを発信するか、どのように採用フローを組み立てるかを考え、効果的な採用活動の実現を目指します。

以前は、お客様に提案する前に綿密に企画書を作り込んでいました。しかし、あるアポイントで、私の説明とは異なるページを見ているお客様の姿を目にして、「あ、私が話している内容は、お客様が大事にしているポイントとは違う」と気づかされて。それからは、自身の提案のスタイルを変えていきました。事前の企画書作成だけに自分ひとりで時間を費やすことはやめ、要点を1枚にまとめたシートのみを作り、お客様と一緒に「ここが今の課題ですよね」「こんな企画をここでやってみます?」などと話し合いながら、どんどん書き加えていくようになりました。年間の採用活動の中でお客様とやり取りしながら、採用戦略が完成するような感じです。お客様との対話の時間を大切にすることが、お客様への貢献へとつながると、私は考えています。

 

 

お客様にとって耳の痛い言葉も、率直に伝える

f:id:carraria:20170602101606j:plain
1 2 3次のページ
carrariaの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。