ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

島全体がエンターテイメント!セントーサ島の観光スポット20選

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
島全体がエンターテイメント!セントーサ島の観光スポット20選

シンガポール本島の南に位置するセントーサ島。この島は東南アジア初、またアジアでは日本に次いで2番目となるユニバーサル・スタジオのテーマパーク「ユニバーサル・スタジオ・シンガポール」があります。

そのほかさまざまなレジャー施設、ビーチ、ホテルなど何でも揃っていて、島全体が巨大なエンターテイメント!退屈する暇なんて与えない、そんな魅力満載のセントーサ島について今回はご紹介します!シンガポール観光では欠かせない観光スポットです!

 

1.シンガポールケーブルカー

photo by pixta

シンガポール本島からセントーサ島へ渡る手段としては、ケーブルカー・モノレール・車・徒歩などがあります。その中でおすすめなのがこのケーブルカーを使っての入島です。本島からはマウントフェーバー駅またはハーバーフロント駅からケーブルカーが出ています。

モノレールに比べると値段はかなり高いのですが、空の上からのセントーサ島の景色は素晴らしいですよ。また、夜に乗れば美しい夜景も見られるので遅い時間帯もおすすめですよ。
■詳細情報
・名称:シンガポールケーブルカー(Singapore Cable Car)
・アクセス:市街地からタクシーで約15分(マウントフェーバー駅)、MRTハーバーフロント駅から徒歩でハーバーフロントタワー2へ(ハーバーフロント駅)
・営業時間:08:45~22:00(チケット販売~21:15/最終搭乗~21:30)
・定休日:年中無休
・電話番号:(+65)6377 9688
・料金:マウントフェーバーラインのみS$29(往復+入島代含む)
・公式サイトURL:https://www.onefabergroup.com/singapore-cable-car-sky-network

 

2.セントーサ ボード ウォーク

photo by pixta

時間がある人におすすめなセントーサ島への移動手段が「セントーサ ボード ウォーク」です。本島から島へ続く専用歩行者用の道路を歩いてセントーサ島まで行くことができます。

本島からは約10~15分。海を見ながらお散歩気分で歩けばあっという間で、お金もかからずお得です。(通常入島料金がS$1必要ですが2017年12月末まで不要です)。
■詳細情報
・名称:セントーサ ボード ウォーク(Sentosa Boardwalk)
・住所:セントーサ, シンガポール 099081
・アクセス:MRTハーバーフロント駅直結のVivoCityの東側に入口あり
・営業時間:24時間利用可能
・定休日:年中無休
・料金:無料(セントーサ島へ入島料は2017年12月末まで無料)
・公式サイトURL:http://www.sentosa.com.sg/Plan-Your-Visit/getting-around

 

3.ユニバーサル・スタジオ・シンガポール

@fadlyymがシェアした投稿 – 2017 4月 26 9:43午後 PDT

東南アジア初となるユニバーサルスタジオのテーマパークが出来たのが、ここシンガポールのセントーサ島です。日本のユニバーサル・スタジオ・ジャパンより規模は小さいものの、日本では体験できないアトラクションも多くあります。

パーク内は古代エジプトやハリウッドなど7つのエリアに分かれており、それぞれの世界観を味わいながらアトラクションを体験できます。ユニバーサル・スタジオ・シンガポールを目当てにセントーサ島を訪れる人も多くいる人気ぶりです。
■詳細情報
・名称:ユニバーサル・スタジオ・シンガポール(Universal Studios Singapore)
・住所:8 Sentosa Gateway、Sentosa Island、Singapore 098269
・アクセス:ウォーターフロント駅から徒歩約3分
・営業時間:10:00~19:00(季節・曜日によって異なる場合あり)
・定休日:年中無休
・電話番号:(+65) 6577 8888
・料金:S$76
・公式サイトURL:http://www.rwsentosa.com/language/en-US/Homepage/Attractions/UniversalStudiosSingapore

 

4.セントーサ・マーライオン

photo by pixta

セントーサ島のシンボル的存在が島の中央部にあるセントーサ・マーライオンです。この大きなマーライオンはタワーになっており、高さが約37mあります。

もちろん中に入り、エレベーターで展望エリアまで登ることも可能。9階の展望デッキではマーライオンの口元から牙越しにセントーサ島を眺めることができ、記念写真スポットとしても人気なんですよ。公式サイトは日本語もあるので要チェック!
■詳細情報
・名称:セントーサ・マーライオン (Sentosa Merlion)
・住所:Merlion Park Sentosa Island, Singapore
・アクセス:セントーサ・バス・マーライオン駅からすぐ
・営業時間:10:00~20:00(最終入場19:30)
・定休日:年中無休
・電話番号:(+65) 6377 9688
・料金:S$12
・公式サイトURL:http://merlion.sentosa.com.sg/jp/index.aspx

 

5.シー・アクアリウム

yurieさん(@yurie.111)がシェアした投稿 – 2017 5月 25 7:50午後 PDT

セントーサ島に来たのなら必ず訪れたいのが、世界最大級の水族館「シー・アクアリウム (S.E.A. Aquarium)」です。2012年に開業したこの水族館には800種以上、約10万を超える世界中の海洋生物が飼育されています。

ギネスブックにも認定された世界最大の水槽「オープン・オーシャン」は、幅が36m・高さは8.3mあり、総水量はなんと4280万リットル。そのほか円形やトンネル型の水槽、ショーや餌やりイベントなど、魅力が満載。セントーサ島の必見観光スポットです。
■詳細情報
・名称:シー・アクアリウム (S.E.A. Aquarium)
・住所:8 Sentosa Gateway Sentosa Island, Singapore
・アクセス:ウォーター・フロント駅から徒歩約3分
・営業時間:10:00~19:00(曜日や季節によって異なる場合あり)
・定休日:年中無休
・電話番号:(+65)6577 8888
・料金:S$34
・公式サイトURL:http://www.rwsentosa.com/language/en-US/Homepage/Attractions/SEAAquarium

 

6.クレーン・ダンス

ibakanaさん(@iba_kana_)がシェアした投稿 – 2016 8月 8 11:29午後 PDT

セントーサ島には無料で見られるナイトショーがあります。その一つが、ロボットを使ったショーでは世界最大級の「クレーン・ダンス」です。リゾート・ワールド・セントーサのエリアで見学することができます。

ビルのように巨大な2体の鶴のクレーンロボットが、海上で幻想的な水上ショーを披露してくれます。約10分のショーですが、見応えはばっちり。これが無料で見られるなんて驚きです!
■詳細情報
・名称:クレーン・ダンス(Crane Dance)
・住所:8 Sentosa Gateway、Sentosa Island、Singapore 098269
・アクセス:ウォーターフロント駅から徒歩5分、
・営業時間:20:00からスタート(変更の場合あり)
・定休日:原則年中無休(メンテナスなどで休演の場合あり)
・料金:無料
・公式サイトURL:http://www.rwsentosa.com/language/en-US/Homepage/Attractions/CraneDance

 

7.アジア大陸最南端ポイント(パラワン島)

photo by pixta

セントーサ島の南にあるパラワン島は「アジア大陸最南端ポイント」。最南端であることを示す看板があるほかに展望台があり、セントーサ島や海の美しい景色を楽しめます。天気が良ければインドネシアの島々を眺めることもできますよ。

パラワン島とセントーサ島から吊り橋で繋がっているので、海の上をスリルな気分を味わいながら渡りましょう。お金がかかるセントーサ島では貴重な無料体験の観光スポット。ちょっとした南国ビーチの気分も感じられますよ。
■詳細情報
・名称:アジア大陸最南端ポイント(Southemmost Point of Cominental Asia)
・住所:Sentosa Island、Singapore 098269
・アクセス:ビーチトラムの停留所「Southernmost Point」から徒歩約6分
・営業時間:24時間
・定休日:年中無休
・料金:無料
・公式サイトURL:http://www.sentosa.com.sg/explore/attractions/southernmost-point-of-continental-asia

 

8.アニマル & バード・エンカウンターズ

🌹】﴿آخر العنقود﴾❥࿐さん(@msha3r_s_)がシェアした投稿 – 2017 2月 20 10:49午後 PST

アジア大陸最南端ポイントのように、無料で体験できる施設をもう一つご紹介。それが猿や鳥、爬虫類などの動物に会えるアニマル & バード・エンカウンターズです。場所もアジア大陸最南端ポイントと同じビーチエリアにあります。

アニマル & バード・エンカウンターズの目玉は動物たちによる楽しいショーが開催されていること。ショーの開始時間は決まっているので、事前に公式サイトで時刻を確認してから向かうと良いですよ。
■詳細情報
・名称:アニマル & バード・エンカウンターズ (Animal & Bird Encounters)
・住所:Sentosa Island、Singapore 098269
・アクセス:ビーチトラムの停留所「アニマル & バード・エンカウンターズ」からすぐ
・営業時間:14:00~17:30
・定休日:年中無休
・料金:無料
・公式サイトURL:http://www.sentosa.com.sg/explore/attractions/animal-bird-encounters

 

9.アドベンチャー・コーブ・ウォーターパーク

Singapore DJ | Model | Hostさん(@thydowager)がシェアした投稿 – 2017 6月 10 9:21午後 PDT

セントーサ島の必見スポットといえば、アドベンチャー・コーブ・ウォーターパークもそのひとつ!巨大なプール施設は大人も楽しく遊べるウォーターパークです。

パーク内には魚と一緒に泳げるレインボー・リーフや、海洋生物を眺めることができる流れる波のプール、スリル満点のウォータースライダーの数々など、今まで味わったことのないウォーターパークの体験ができるはず。
■詳細情報
・名称:アドベンチャー・コーブ・ウォーターパーク(Adventure Cove Waterpark)
・住所:8 Sentosa Gateway, Sentosa
・アクセス:ウォーターフロント駅から徒歩約5分
・営業時間:10:00~18:00(曜日や季節によって変更の場合あり)
・定休日:年中無休
・料金:S$38
・公式サイトURL:http://www.rwsentosa.com/language/en-US/Homepage/Attractions/AdventureCoveWaterpark

 

10.スカイライン・セントーサ・リュージュ

Skyline Luge Sentosaさん(@skylinelugesentosa)がシェアした投稿 – 2017 5月 7 7:52午後 PDT

スカイライン・リュージュ・セントーサは、2種類の専用サーキッドをカートで疾走できる爽快型体験アトラクション。友人やカップル、家族で競争してみてはいかがでしょう。

スピード感を楽しんだあとはスカイライドでスタート地点まで移動しましょう。スカイライドは4人乗りのチェアリフト。セントーサ島や周辺の風景が360度見渡せ、空中散歩をしながら絶景を楽しむことができますよ。
■詳細情報
・名称:スカイライン・リュージュ・セントーサ (Skyline Luge Sentosa)
・住所:45 Siloso Beach Walk, Sentosa
・アクセス:セントーサ島ケーブルカーターミナル駅から徒歩約2分
・営業時間:10:00~21:30
・定休日:年中無休
・料金:スカイライドのみ(片道)S$11、(往復)18S$、スカイライド+リエージュ18S$、スカイライド+3リエージュS$28ほか
・公式サイトURL:https://www.skylineluge.com/en/sentosa/


関連記事リンク(外部サイト)

今年でシンガポールは建国50周年!イベントが多数開催され、政府も祝日を設定したぞ
週末旅行でシンガポールのマリーナベイサンズに行く方法
シンガポール旅行でおすすめのお土産7選
実食!一食45円の世界一旨いインスタントラーメンを限界まで食べ続けた結果がこちら

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。