体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

疑惑の渦中にある”うどんが主食”氏監修『縦型ビッグ うどんが主食 讃岐風うどん』をあえて味わう!

グルメレビューサイト「食べログ」を中心にカリスマレビュアーとして人気だった”うどんが主食”氏が、「赤いきつね」のマルちゃん(東洋水産)とコラボということで話題となった『縦型ビッグ うどんが主食 讃岐風うどん』。しかし「週刊文春」による過剰接待疑惑が報じられるや、全レビュー削除にまで事は拡大。不遇な製品となってしまった…。

レビュアーの花道ともいうべき立場に登りつめながら文春砲で信用を失墜させたいわく付きのカップうどんの味わいはいかに!?

いち投稿者が、カリスマレビュアーとして人気を博し、芸能界のグルメ王・アンジャッシュの渡部建に影響を与え、著書出版、テレビ出演まで果たし、名門・東洋水産で監修カップうどんが発売される…。そんな絵に描いたようなネット発のサクセスストーリーを描きかけていた”うどんが主食”氏。しかし「週刊文春」(2017年6月15日号)にて過剰接待疑惑が報じられると、状況は一変。現在同氏の全レビューは一旦削除され、読む事はできない(2017年6月13日現在)。

従って同氏が監修したこの東洋水産『縦型ビッグ うどんが主食 讃岐風うどん』(92gうち麺70g・希望小売価格 税抜205円・2017年6月5日発売)も、華々しくコンビニ店頭などの棚に並んだはいいものの、何とも微妙な存在感を放ってしまっているのが現状。

とはいえ未だに購入可能である事は確かなので、このいわく付きの『縦型ビッグ うどんが主食 讃岐風うどん』を食べてみることにした。元々はうどん好きが高じてのハンドルネーム。さて、どのような仕上がりになっているのか。

題材として取り上げたのは、うどんが主食氏が最も愛する香川県発祥の讃岐うどん。東洋水産といえばマルちゃんであり、「赤いきつね」を擁するカップうどん界の名門中の名門。そのコラボで出来上がったのは、カツオ、昆布をベースに煮干しダシを強くきかせたつゆが特徴の一品。

蓋には後入れの醤油だれが付属する。麺は「赤いきつね」でお馴染みの畳まれた白い油揚げ麺。かやくは小えび天ぷら、たまご、かまぼこ、ねぎで、中でもえび天はたっぷり。

湯入れ時間は5分だが、蒸らしている間にも香ばしいえび天の香りが広がってくる。

蒸らし時間を終了したら、一通りかき混ぜて、後入れ醤油だれを投入。強めの煮干しというが、ふんわりとした香り立ちはあっさり系の雰囲気。そのままつゆを口に含むと、優しい味わいで薄めの色合いとともにうどんが主役なのだと感じる薄味。

1 2次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。