体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

日本発祥のカプセルホテルが欧州で進化!スタイリッシュなカプセルホテル3選

欧州で進化した日本の発明。スタイリッシュなカプセルホテル3選
(c) CityHub

「カプセルホテル」は、かつては「終電を逃したサラリーマンが始発まで仮眠をとる場所」というマイナスなイメージがありました。けれど今では清潔で快適、過ごしやすいカプセルホテルも増えてきているようです。

そんなカプセルホテル、実は日本発祥の施設だとご存知でしたか? 1979年、故・黒川紀章氏の設計・監修で大阪にオープンしたのが始まりだと言われています。カプセルホテルも誕生から35年以上経過し、今では世界でも類似施設が誕生してきているのです。今回は、欧州の特にスタイリッシュなカプセルホテルを3件ご紹介したいと思います。

YOTELAIR(イギリス)

欧州で進化した日本の発明。スタイリッシュなカプセルホテル3選
(c)YOTEL

まず最初は、イギリスのロンドンから。YOTELというホテル・チェーンがロンドンのヒースロー空港とガトウィック空港に展開しているホテルです。
(アムステルダムのスキポール空港にも同様のタイプのホテルがあります)

欧州で進化した日本の発明。スタイリッシュなカプセルホテル3選
(c)YOTEL

こちらはスタンダード・タイプの部屋。SF映画のセットのようですね!

欧州で進化した日本の発明。スタイリッシュなカプセルホテル3選
(c)YOTEL

日本人が想像する「カプセルホテル」より設備が充実していて、各部屋にシャワーブースが付いています。

欧州で進化した日本の発明。スタイリッシュなカプセルホテル3選
(c)YOTEL

更に、プレミアム・キャビンという二人部屋はこんなにゴージャス! 写真ではソファ状態になっていますが、実際に寝るときは、ベッドをスライドさせ引き出します。椅子も壁に埋め込み式で収納されていて、空間を有効に活用されているのが分かります。

CityHub(オランダ)

欧州で進化した日本の発明。スタイリッシュなカプセルホテル3選
(c) CityHub

お次は、オランダの首都アムステルダムで2015年10月にオープンしたカプセルホテル「CityHub」。600平方メートルという広大なスペースに50の「Hub」と呼ばれるユニットが並んでいます。

欧州で進化した日本の発明。スタイリッシュなカプセルホテル3選
(c) CityHub

ここの特徴は、L字型にスペースが区切られているということ。ベッド部分以外に、立ち上がって体を伸ばすことができるスペースが確保されています。

欧州で進化した日本の発明。スタイリッシュなカプセルホテル3選
(c) CityHub

下段のほうのHubでも、それほど圧迫感はなさそうですね。ちなみに上段下段は、チェックイン時に選ぶこともできるのだとか。

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。