体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【かぶせて放置するだけ】鍋帽子®が調理法として最強すぎる【絶品トロトロ角煮】

f:id:Meshi2_IB:20170424161136j:plain

鍋帽子ってご存じでしょうか?

ご覧の通り、ふっくらとしたかわいらしい帽子。これは頭にかぶるものではなく、鍋にかぶせるものなんですよ。

鍋の帽子だから、鍋帽子。直球でシンプルなネーミングですね。

f:id:Meshi2_IB:20170424162124j:plain

座布団とセットになっていて、この中に鍋を入れて保温調理をするっていうものなんです。

筆者の母が昔から使っていて、たしかにおいしい煮物とか作ってくれたな〜という記憶があるんですが、自分では使ったことがなかったんですよ。

f:id:Meshi2_IB:20170424162153j:plain

ふっくらと肉厚。

ネットで似たようなものも売っていますが、「鍋帽子」は「公益財団法人全国友の会振興財団」の登録商標なので、勝手に名前を使っているものは偽物です。本物は綿の厚みやしっかりした作りがやはり違います。

レシピ本『魔法の鍋帽子』(婦人之友社)を見て自分で手作りすることもできるし、完成品を購入することもできます。

鍋帽子の特徴とメリット

f:id:Meshi2_IB:20170424165345j:plain

特徴はなんといっても、すっごく保温できる! ということ。

鍋を短時間火にかけて、後は鍋帽子をかぶせておけば、余熱でしっかり火が通るというものなんです。

【鍋帽子のメリット】 ガスや電気など、光熱費の節約になる。 ふきこぼれや焦げつき、煮崩れの心配がない。 じっくり味が染み込むので材料の味をいかし、薄味でおいしくできる。 仕込みの後はお出かけもおやすみもOK! ほおっておくだけで出来上がる。 保温力に優れているので、家族の食事のずれにも温かいものがさっと出せる。

例えば、肉じゃがなんか、10分加熱、鍋帽子をかぶせて放置1時間で完成!

柔らかく火が通り、煮崩れしない。それに、調味料の味は冷めていく過程で材料の中に入っていくものなので、味も染み染みでおいしいのです。その上、1時間経っても熱々で再加熱の必要もありません。

そんなありがたい鍋帽子で今回作るのは、みんなが大好きな豚の角煮!

弱火で何時間も煮込まないと出来上がらないトロトロの豚の角煮を、この鍋帽子で作ってみたのです!

鍋帽子4時間で作る、トロトロの豚の角煮

さて、この鍋帽子を使って豚の角煮を作ってみましょう。

f:id:Meshi2_IB:20170425151542j:plain

材料

豚バラ肉のブロック 約1kg 生姜 1片 卵 4〜8個(お好みで) 新じゃが 5個(お好みで) 酒 2カップ 醤油 120cc 砂糖 大さじ3 水 1カップ

1 2 3 4 5 6 7次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。