ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

時差ボケ対策にも活躍⁉︎ 睡眠をモニターしてライトで体内時計を整える「Circadia」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

fullsizeoutput_2b22日中は活動的になり、夜になると眠くなるように、人の体は一定のリズムを刻んでいる。いわゆる体内時計だ。

しかし、夜更かししたり、外国に旅行したりすると体内時計は狂ってしまう。その乱れは睡眠障害などを引き起こし、心身へのダメージにつながる。

その対策として、米国カルフォルニア拠点のスタートアップが開発を進めている「Circadia」を紹介しよう。睡眠パターンなどを追跡して、ライトでリズムの調整を図るというものだ。

fullsizeoutput_2b25・睡眠を分析

体のリズムを整える上で重要な要素となるのが「光」と「睡眠」。人の体は光を浴びることで目覚め、質の良い眠りをとると健康的に過ごせる。

そこに着目し、Circadiaは睡眠トラッカーとセラピーランプ、アプリがセットとなっている。トラッカーは非接触型で、近くの壁にかけるだけで睡眠中のユーザーの心拍や体温、呼吸状態、いびきの有無などをモニターする。

そうした情報はスマホアプリにワイヤレスで集められ、 質のいい睡眠がとれているか、体内時計に狂いが生じていないかなどが分析される。そしてユーザーの概日リズムと理想の概日リズムをグラフで表示し、就寝時間など調整すべき点をアドバイスする。

fullsizeoutput_2b29・ライトで注意力アップ

また、睡眠データを元にCircadiaはユーザーに合わせたライトセラピーを提供する。起床後20分ほどライトを近くにおくことで覚醒を促し、活力・気力を活性化させるのだという。

ライトには夜に安眠を誘うモードや、時差ボケを調整するモードなども用意されている。日中、デスクワークなどをしているときに眠くなることがある場合には、注意力をアップするモードを使うとよさそう。

Circadiaは現在、クラウドファンディングサイトKickstarterで資金を調達中。今なら睡眠トラッカー、ランプ、アプリ(iOS、Android)のセットが189ドル(約2万1000円)〜となっている。

睡眠は十分とっているはずなのに体がだるい、やる気が起こらないなど、実はそれは体内時計の狂いが原因なのかもしれない。心当たりのある人はチェックしてみてはどうだろう。出資期限は7月6日。

Circadia/Kickstarter

https://ksr-video.imgix.net/projects/2982007/video-788660-h264_high.mp4

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。