ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

誰にでもある腰痛リスク 乳児期に抱える「爆弾」とは

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
誰にでもある腰痛リスク 乳児期に抱える「爆弾」とは

なかなか治らない、マッサージや整体で少し痛みが和らいだと思ったらまたぶり返す、やっかいな腰痛。「うまく付き合っていくしかない」と完治を諦めてしまっていませんか?

しかし『「つらい腰痛」は指1本でなくなります:薬も道具も使わない、「腰痛緩消法」なら自分で治せる!』(三笠書房刊)著者で、「腰痛アカデミー」主催の坂戸孝志さんによると、多くの腰痛は、「改善」ではなく「完治」が可能。そのカギになるのが、坂戸さんが自身の腰痛体験から作り上げた「緩消法」だといいます。

この「緩消法」とはどのようなものか、そして一時は寝たきりだったという自身の経験について、ご本人のお話をうかがいました。

(新刊JP編集部)

――『「つらい腰痛」は指1本でなくなります:薬も道具も使わない、「腰痛緩消法」なら自分で治せる!』について、本書では坂戸さんが提唱している「緩消法」が解説されています。この方法はあらゆる種類の腰痛に効果が見込めるのでしょうか。

坂戸:まず、腰痛に種類があるのかという話なのですが、体の痛みというのは基本的には2種類です。1つは「ケガをしている状態の痛み」で、どこかを切ったとか、ケガをしてしまった時の痛みを指します。こちらの治療については医師の仕事であって、「緩消法」は効果がありません。

もう1つの、「長い間ずっと痛い」という慢性的な痛み全般に「緩消法」は効果が見込めます。というのも、これについては種類はないんです。「椎間板ヘルニア」とか「脊柱管狭窄症」とか「腰椎すべり症」とか、病院ではいろいろな名前を付けられますけど、たとえばヨーロッパではこうした診断は下されません。

今あげたどれであっても「筋肉が固くなっているから、少し休みなさい」と言われるだけです。

――診断名はどうであれ、痛みの原因は筋肉が固くなっていることだ、と。

坂戸:そうですね。腰に痛みがあるならば、痛む部分の筋肉が固いので、その部分の筋肉だけを柔らかくすれば、とりあえず痛みは消えます。ただ、体の表面近くの筋肉を柔らかくしただけでは、放っておくとまた固くなるので、痛みが再発するんです。

完治させたいのであれば、体の深い部分にある筋肉までみんな柔らかくしないとダメで、その方法を今回の本で書いています。

――腰が痛い時、多くの人がまず考えるのは「マッサージに行こうかな」です。この方法でも筋肉は柔らかくなるのでしょうか。

坂戸:揉むと筋肉は固くなるので、マッサージは腰痛の改善という意味では逆効果になってしまいます。マッサージをしてもらっている時は気持ちがいいですが、気持ちいいことと治るかどうかは全く別の話だということは、知っておいていただきたいですね。

――筋肉が固まる原因についてもお聞きしたいです。

坂戸:筋肉が固まる原因は2つあって、1つは使いすぎた時。もう1つは全く動かさなかった時です。

ただ、知っておくべきは、人間はみんな腰痛を誘発する「爆弾」を抱えているということです。自分の腰を触っていただくとわかりますが、腰の中心から左右に3cmくらいのところに、カチッと固まって弾力がない筋肉があると思います。

これは2か月以上動かさないことによって固まった筋肉なのですが、寝たきりでもない限り、腰まわりにある筋肉を2カ月も動かさないなんてありえないと思うかもしれません。

実は、人間は誰でも生まれてからハイハイをしはじめるまでは「寝たきり」ですよね。この間に、腰部分を左右に折り曲げる「腰方形筋」が固まってしまうのです。これが「爆弾」であり、人間の腰痛の原因なんです。

――「デスクワークで腰を痛めた」という人がいたとしたら、それはデスクワークそのものが原因ではなくて、デスクワークによって抱えていた腰痛の要因が表面化したにすぎない、ということですか。

坂戸:そうです。だからこの固まった部位を柔らかくしてしまえば、10時間程度机に向かっていた程度で痛みは出ないはずです。

(後編につづく)

【関連記事】

元記事はこちら

退職者は会社の半分以上… 中小企業を継いだ2代目はなぜそこまでして改革を進めたのか?

衝撃の私小説『夫のちんぽが入らない』 大ヒット後の夫婦の関係は?

カテゴリー : エンタメ タグ :
新刊JPの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://www.sinkan.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。