ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

カレーときどき村田倫子 #12 kenick curry

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

「春夏秋冬、朝昼晩カレーが食べたい!」そんなカレー好きによる、カレー好きのための連載。持ち物は、お財布とカメラと、ほとばしるカレー愛。自他共に認める、無類のカレー好き村田倫子ちゃんが、都内のカレー屋さんを訪ねます。

☆今回から、紹介文を倫子ちゃんに書いてもらう形にリニューアル&パワーアップしました!

雨の日も、風の日も、食べて食べて食べ続けた『カレーときどき村田倫子』も5月で祝1年! これまで、12個のお店とオーナーさんとの濃厚でおいしい時間を過ごしてきました。
1年となる今回は、倫子ちゃんの行きつけに連れて行ってもらいました!
その名も「kenick curry(ケニックカレー)」!

場所は渋谷。渋谷駅3a出口を東急百貨店本店方面へ。フレッシュネスバーガーの隣にある蕎麦屋嵯峨谷のあるビル。渋谷のど真ん中にありながら、そんな渋谷が見下ろせる知る人ぞ知る隠れ家的名店、ビルの5Fに佇む、秘密基地的存在のお店なのです。
看板もないので、しっかりと意志を持って足を運ぶことをオススメいたします!
材料から調理法、メニューに至るまで貫かれた独自のスタイルはもちろん、
オーナーのケニックさんの魅力にも注目です。

倫子の定位置はカウンターにあり!

ついに、このカレー連載で訪れる日が来ました!!!
わたしの“秘蔵っ子”(!?)のケニックカレー!
たびたび私のSNSに登場しているし、周りの友人も足繁く通っているので、知ってる人も多いのではないかな。みんなに愛される人気店です。


 

カレーはもちろん、店主のケニックさんが優しくてユニークで(そして、ありえなく顔が広い)一人で来ても、気さくに構ってくれるので安心なのです。
一人飯が寂しくて苦手な私ですが、渋谷近辺でお昼に時間が空いているときは、大抵ケニックのカウンターにひ〜っそり座ってる率が高かったり!

高品質なパクチーと独自のヘルシー発想が人気の秘密!


パクチースペシャル ¥1300

パクチー好きなら間違い無いのが、このパクチースペシャル!
ケニックのカレーは、定期的に食べたくなる中毒性があるのだよなあ…。
定番の無水キーマは、濃厚で深い味わいなのに、後味すっきり優しい。
ケニックさんが学生の頃、家に人が集まった時によく作っていたものが、このレシピの素なんだとか!

ふらっと行くと、その時折の期間限定カレーをあいがけして、また違う楽しみ。トッピングもチーズ、豆腐、アボカド…沢山あるから飽きない。
ご飯を豆腐にしたり、ヘルシーな食べ方にアレンジができるのも嬉しいところなのです。そんな、気遣いと唯一無二な味わいに、気づけば、もうケニックホリックだった私です!!!

これは、ケニックさん独自のレシピで漬けられた、ごま油風味のお漬物。
お漬物が入っているカップも、プロダクトデザイナーとしての顔も持つケニックさんがデザインしたものなのです。
美味しいカレーに可愛い器…何て多彩な人なのでしょう!

大抵、今回いただいたパクチースペシャルをオーダーするのですが、
何を隠そう、私が“自称パクチー狂”になったきっかけは、まさにここケニックなんです。
ここで私の中にある何かが目覚めた…!

ケニックのパクチーは、フレッシュで、変な癖がなくて、牧草並みにムシャッとしたい美味しさ!!!(どうしよう、語彙力なさすぎて全然伝わらない…!とにかく、いくらでも食べられるおいしさと言いたいのです!笑)

連載チームのパクチーが苦手だという編集さんも、「今までのパクチーで一番美味しい!」と驚きの声。それくらい、ここのパク様は違うんよ…あぁ、とにかくスペシャル美味しいから、もうみんな食べて欲しい。パクチー好きも、苦手な人にも!(もちろんパクチー抜きのメニューもあるから、どうしても苦手な方はルゥや様々なトッピングとのハーモニーを楽しんでください。それだけでも大満足できるはず!)

この文を書きながら、なんだかお腹すいてきたよ。
ああケニック…もうすでに、ケニックロスな私です。
また近々行かないと!

Navigator&text:Rinko Murata
Photo:Kayo Sekiguchi
Edit:Miiki Sugita/Namiko Azuma

kenick curry(ケニックカレー) 
住所&電話番号:非公開
営業時間:土日祝日11:30~16:00(L.O.15:45)、月火金曜11:30~15:00(L.O.14:45)※ランチタイム営業のみ
定休日:水・木

出典:She magizine

HARAJUKU KAWAii!! STYLEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。