ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

もんぺは日本のジーンズ!?ロフトで博覧会開催

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫


暑い夏は、いつものジーンズがちょっと重たく感じられるもの。そんな時は、200年続く日本が誇る伝統産業、久留米絣で作った着心地バツグンのもんぺを試してみない?

6月13日(火)~27日(火)の期間、渋谷ロフトにて「第7回もんぺ博覧会」が開催中。もんぺを通して久留米絣をより多くの人に知ってもらうべく、4県の久留米絣の織元と合同で企画されたこのイベントは、これまでも地元の八女をはじめ、福岡や東京で開催されてきたという。

同博覧会を主催する「うなぎの寝床」では年間1万2000本~1万5000本を生産販売。一度穿いたら病みつきになる久留米絣の魅力が徐々に広まって、今では全国にリピーターが増えているのだとか。

今年注目の新商品は、都道府県絣柄シリーズ「九州7県」とマリー・アントワネット絣シリーズ。


都道府県絣柄シリーズは、九州7県のモチーフを、デザイナー・浅羽八智代と坂田織物のコラボにより久留米絣で表現。イベント会場では、できあがった絣を使って仕上げるもんぺ(7柄・3サイズ)各2万1384円(税込)の受注会を開催。


またマリー・アントワネット絣シリーズは、フランスの王妃、マリー・アントワネットも好んで着ていたといわれる絣のドレスの、18世紀当時の生地見本帳の複製本をフランスから取り寄せて再現したもの。野村織物との協力により、ブルーとピンクの2つの柄を用意。各2万1384円(税込)。


そして今回もんぺを購入すると、東京展限定オリジナル「うなぎの寝床」ショルダーバッグをプレゼント!


この機会に、日本のジーンズを目指して織元が紡ぐ、カラフルで着心地のよいもんぺの魅力を体験してみてはいかが?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。