ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

テーマは“泡”、Perfumeとパナソニックのコラボが実現

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
テーマは“泡”、Perfumeとパナソニックのコラボが実現

Perfumeがパナソニックとコラボレーションし、〝泡洗浄″の〝泡″をテーマにした新曲「Everyday」のミュージック・ビデオ ショート バージョン「Everyday」- AWA DANCE edit-(60秒)をYouTubeとパナソニックウェブサイトで全世界先行公開した。

「Everyday」- AWA DANCE edit- は、パナソニック洗濯機に搭載の独自機能「濃密泡でガンコな汚れもスッキリ落とす〝泡洗浄″」を訴求するプロモーションの一環として、Perfumeとコラボレーションしたオリジナルムービー。

今回全世界先行公開された映像は、洗濯機に搭載の〝泡洗浄″の〝泡″をテーマに、Perfumeのキュートなダンスシーンを中心に構成し、動画制作にはMIKIKO(演出振付)、真鍋大度・石橋素が率いるライゾマティクスリサーチ(インタラクションデザイン、エンジニアリング)など、Team Perfumeとしてお馴染みの豪華メンバーが集結。Perfumeが踊るAWA DANCEをはじめ、振付や舞台演出も、すべて〝泡″をテーマに表現された斬新な動画となっている。

現場に入るやいなや、〝泡″をモチーフにしたセットを前にして「うわー、〝泡″だ!」「かっこいいセットなんですけどー!」と歓声を上げたPerfumeの3人。一気にテンションが高まると、旧知のスタッフと笑顔で挨拶を交わし、颯爽とステージに向かった。黒と白のツートーンカラーの衣装は、黒い部分はシャープに、白い部分は〝泡″をイメージしたエアリーな柔らかいデザインを採用。Perfumeらしい、カッコ良さと可愛らしさを兼ね備えたシルエットになっている。

本番開始直前、「すみません、メジャーお願いします」とスタッフにリクエストしたあ〜ちゃん。ステージ前方へ向かい屈み込むと、床にメジャーを這わせて、計測をし始めた。どうやらリハーサルの際、その場所で踊った振付がわずかにずれていたため、立ち位置となる床面のサイズや目印を改めて確認し、修正ポイントを探っていた様子。振付を手掛けたMIKIKOによると、「1ミリずれただけでも、不思議と3人の振りが揃っていないように見えてしまう場合がある」のだとか。「目印の前と中心、どちらに立つのかでも違うし、踊りながら3人で微調整を繰り返しています。簡単に見えますが、実は物凄いことをやっている。まさに匠の技ですね」という説明を聞いた周りのスタッフは、超一流のプロ意識の一端に触れて、世界中から絶賛されるPerfumeの凄さを、改めて実感していた。

本番での真剣な表情から一転、カットが掛かると、冗談を言い合ったり、振付をコミカルにアレンジして、おどけてみせたりしながら、楽しそうにはしゃいでいたPerfumeの3人。それぞれのソロパートの際には、待機中の2人が一緒に声援や拍手を送り、OKが出ると、まるで自分の事のように満面の笑みを浮かべて「やったー!」と喜ぶ姿に、Perfumeの絆の強さが垣間見えた。また、撮影中は、動きの激しい複雑な振付がたくさんあったにもかかわらず、BGMを途中で止めたNGはたった2回という、驚異的な集中力を発揮。完璧なチームワークで、現場を大いに盛り上げていた。

MV全体のテーマが〝泡″ということで、「つかめそうでつかめない〝泡″をダンスで表現したいと考え、全体的に浮遊感のある、ぷかぷかして見える振付を目指しました」と語っていたMIKIKO。特徴的な振付のひとつに、宙に浮いた光る泡のオブジェをつかもうとする動きがあり、まるで3人が〝泡″そのものを操っているかのように見える。これは〝泡″の動きと光の演出を手掛ける制作チームとの連携プレイによるもので、Perfumeの息の合ったアクションとMIKIKOのキュートな振付と相まって、〝泡″を表現したMVを象徴するシーンに仕上がった。

ステージ周りの〝泡″のオブジェは、透過性のある紙製のシートを丸めたり、シワを付けたりしたサイズ違いのものをランダムに配置し、宙に吊られた10個の〝泡″を含めて、それぞれの内部にLEDを仕込んだという。空中の〝泡″はいずれもモーターで作動し、撮影当日に決まるカメラアングルとPerfumeのアクションに合わせて、回転がスタートするポイントやアングル、配光のパターンなどを細かく調整。その〝泡″が時差をつけながら波打つように上下に移動したり、中心へ向かって近づいたり、遠ざかったりすることで、立体的かつ幻想的な世界観を演出している。こうした舞台装置の〝泡″の仕掛けと、LEDのライティングデザインは、Perfumeの演出・映像制作を技術面でサポートしている、ライゾマティクスの真鍋大度と石橋素のチーム「ライゾマティクスリサーチ」が担当した。

パナソニック ウェブサイト
http://panasonic.jp/fudan/wash/awadance/

Perfume「Everyday」-AWA DANCE edit-

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。