ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

私が予定日10日前に産院を変えた理由…医者に言われてショックだった「60年前だと死ぬお産」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
私が予定日10日前に産院を変えた理由…医者に言われてショックだった「60年前だと死ぬお産」 f:id:akasuguope04:20160823175630j:plain

妊娠したら絶対にココと決めていた個人病院。

家から歩いて5分ほど、駐車場もあって、評判もいい。

ただ、先生はとても厳しかった。特に体重管理には…

初めて行った時に先生が言っていたのは、

「予定日の1ヶ月前(37週入ってすぐ)には産めるように」ということだった。

つわりが始まったくらいには、

「食べるものは葉っぱ(野菜)だけ、ジュースも牛乳もフルーツも米もパンもだめ。とにかく野菜だけ食べて体重を増やさないように。お腹が空いたら水を飲むこと」と。

つわり期は、便秘にもなって体重が1kg増えた。

先生からは、

「次は今日と同じ体重で来ること、少しも増やさないこと。今後、体重は1キロ以上増やさない。ご飯もおかずも一口ずつに抑えて」と言われた。

何を言われても、なにくそって思いながら頑張ってはいたけど、食べられる時期に入ると常にお腹が空いている状態で、本当にひもじかった。もっと食べたい。でも太ってしまったら「ブタ」って言われる。 関連記事:バースプラン、悩んで書いたのに怒られた!泣いた私が学んだ「自分のお産」 by こたき

本当に大変だったのは後期に入ってから。

それまではお腹が張るから運動はしないことと言われていたのが、急にどんどん動いてとの指示。雑巾掛けやウォーキング、毎日とにかく動くように言われた。

予定日が8月初旬だったのだが、この頃はもう7月。

毎日5時に起きて暑くなる前に30分ほど歩いて、時間を見つけては雑巾掛け。

お腹もつかえて思うように動けなくて苦しくて暑くて本当にしんどかった。

本当にこの先生の言っていることは正しいのだろうか…?

色々とモヤモヤしたものを胸に抱えながら週一回になった健診で子宮口の検査をされた時のこと。

「硬いし、長い。ちゃんと動いているの!? この状態だと陣痛で4,5日苦しむ。60年前だったら(私は)死んでるお産」

健診時は笑って返したけど、帰り道では毎回泣いていた。悔しいのもあるけど、私の体はそんなにダメなのかなと思った。

母に相談すると、「お願いだから病院を変えて。そんなヒドイことを言う先生のところでは生まないでと欲しい。」と背中を押してもらい、転院を決意。

予定日10日前にいくつかの総合病院に電話をし、1つだけ受け入れてくれた。

それからは体も心も緊張が取れたおかげか一気に体重が増え、お腹の子も一気に大きくなった。

ただし、予定日が来ても産まれる兆候はなく、誘発分娩になった。

バルーンと促進剤でお産は進んだけど、途中お腹の子のバイタルが下がってしまい、前の先生に言われた「60年前だと死ぬお産」という言葉を思い出して怖くなった。

状態が落ち着いてから、再度促進剤を打つか帝王切開にするかを聞かれ、迷わず帝王切開を選択。

あれよあれよという間に息子がお腹から出てきた。

大きな泣き声を聞けた時は、嬉しいよりも安心した涙がスーッと頬をつたった。

術後の痛みはすごかったけど、無事に出産できたことが何よりも嬉しかった。

よく食べ遊び、寝てくれる息子はみるみる大きくなり、先日3歳になった。

そして下には1歳5ヶ月の娘もいる。

息子に、お腹の中にいた頃のことを聞いてみると、「お腹すいた、ギャー!」と言われた。

やっぱり妊娠期間は、お腹の子ももちろんだけど、自分のことも大事に過ごして欲しいなと思う。 関連記事:やっとの思いで授かった命を否定された…? 産院での冷たい医師の言葉に転院を決意!

f:id:akasuguope04:20160819185436p:plain

著者:もんぴぃ

年齢:33歳

子どもの年齢:3歳と1歳5ヶ月

2人育児に全力投球している専業主婦

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

つわりの終了とともに、猛烈な食欲が襲来! 体重16kg増でまさかの臨月ダイエット
妊娠で体重が30キロも増加!お腹が出すぎて信じられない量の妊娠線ができてしまった
尿糖が出て、焦った妊娠中期

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。