ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

台風直撃で交通機関がマヒ!妊娠5ヶ月の私にそれでも出勤しろと言う上司の真意は!?

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
f:id:akasuguope04:20160729153354j:plain

それは妊娠5ヶ月を迎えた頃の話です。

当時正社員で仕事をしていた私は、毎日電車通勤をしていました。

つわりは比較的軽い方だったので通勤も苦にならず、更にありがたいことに職場も妊娠に理解のある方が多かったことから、大きなトラブルもなくスムーズな妊婦生活を送っていました。

そんなある日、大型の台風が私の住む街を直撃しました。

近くの川が氾濫し、駅前の店舗や家屋に浸水の被害が出ていることを知ったのは翌日の朝でした。

慌てていつもより早めに駅に向かうと、駅も線路にまで水が入りこんだ為電車が不通になっていたのです。

幸いなことに振替えのバスが出ていたのですが、バスは電車に乗れなかった人で寿司詰め状態。

少し大きくなってきたお腹をさすりながら乗り込むのを躊躇していると「妊婦さんは何かあっても責任が取れないので、乗らない方がいいと思いますよ」と駅員さんに声をかけられました。 関連記事: それってマタハラ…? 妊娠を「絶対に周りに言うな」と言う上司、外回りへの配置転換

さすがに私も乗り込む勇気はなかったので、違う路線の駅までタクシーを利用しようと思い直し、タクシー乗り場へ向かうとそこも長蛇の列ができていました。

これではいつ出勤できるかわからないと思い、職場へ連絡を入れることにしました。

正直なところ「もう今日は休んでいいよ」と言ってもらえると期待しながら上司に事情を説明すると「遅刻してもいいから出勤して」との返答でした。

冷たく言い放たれたその言葉に動揺しながらも出勤する方法を考えましたが、「流しのタクシーを探しながら違う路線の駅まで歩く」しか他に思いつきませんでした。

しかし、あいにく空車のタクシーは見つからず結局1時間かけて駅まで歩くことになりました。

「なんで分かってもらえないんだろう」だとか「これはマタニティハラスメントだ」「安定期でもないのに1時間も歩いて大丈夫なんだろか」などと考えていると、理解のない上司への悔しさと不安で次第に涙がこぼれてきました。

しかしその日は台風一過の晴天。

澄んだ空気が空いっぱいに広がっていて、とにかく気持ちがいい天気でした。

そんな空気を吸っていると涙は次第に収まり、お腹の子に「お天気、気持ちいいねー!」と話しかけながら何とか駅までたどり着くことができました。

結局、職場へは2時間遅刻して到着しました。

上司に遅刻のお詫びに行くと「○○(私の名前)さん、元気だから妊婦さんだってことすっかり忘れてたよ!妊婦さんへの配慮が足りなかったね。さっき事情を知った女性陣に怒られてしまってね」と謝罪の言葉が。

無事に出社できたことにほっとしたところだったこともあり、その言葉にまた涙がこぼれました。

そしてその時今回のことは、上司の「理解がなかった」のではなく、「分からなかった」だけであることに気づきました。

妊娠5ヶ月ではお腹もそこまで大きくなく、私の場合はつわりもなかったので周囲にしてみれば普段と変わらない様子だったと思います。

けれど当然のことながら妊娠中はいろんな体の変化があり、どうしても以前のように出来ないことが出てきます。

ただそういう場合に「察してもらえる」と期待するのではなく、「分かってもらえる」ように説明をしなければならなかったことに気付かされた出来事でした。 関連記事:教えて大渕弁護士!職場に妊娠を報告して始まったのは信じられない嫌がらせ…マタハラ被害者座談会《前編》

f:id:akasuguope04:20160719140603p:plain

著者:はるゆめ

年齢:34歳

子どもの年齢:2歳

やんちゃな2歳男児の育児に日々奮闘中の34歳母親です。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

職場での妊娠報告、どうすればいい?私が「正解だった」と感じた、タイミングと報告の仕方 by モチコ
辞めたくないし、待ってるよとも言ってくれる。それでも育休ではなく退職を選んだ理由 by ゆき
退職? 復帰? 迷いに迷った2人目の妊娠報告。意を決して同僚に相談してみると…

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。