ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

マーベル映画『Black Panther(原題)』、強烈なファースト・トレーラーが公開

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

マーベル映画『Black Panther(原題)』のファースト・トレーラーが公開された。

トレーラーは、ゴールデンステイト・ウォリアーズとクリーブランド・キャバリアーズの最後の戦いになるかもしれなかったNBAファイナル第4戦のテレビ放送中に公開された。

映像では、ルピタ・ニョンゴ(ナキア役)、マイケル・B・ジョーダン、ブラックパンサーを演じるチャドウィック・ボーズマンのファースト・ルックがお披露目され、広大なワカンダの様子や同国内における政治上の混乱も映し出されている。

同作は、映画『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』に初登場し、ワカンダの国王である父の死の後に同国へ帰ったボーズマン演じるティ・チャラの姿を描く。トレーラーのナレーションは、「あなたは良き心を持った良き人であり、良き人が王になることは難しい」と、警告する。

ブラックパンサーは、マーベルによって公開されたファースト・ポスターに、ワカンダの王座に座るヒーローの姿で初登場した。

2016年に公開された『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』でブラックパンサーとしてデビューを果たしたボーズマンが演じるのは、架空の技術的に発達したアフリカ系の国の王である父親を殺害された後に王座に就かなければならないティ・チャラだ。年上の対抗者キルモンガー(マイケル・B・ジョーダン演じる)が再び現れ、ティ・チャラは彼の王国と人類の運命を守るために支持者を集め、ブラックパンサーの力を全て開放することを強いられる。

同作には、ダナイ・グリラ(オコイエ役)、マーティン・フリーマン、ダニエル・カルーヤ、アンジェラ・バセット、フォレスト・ウィテカー、アンディ・サーキス(ユリシーズ・クロウ役)、スターリング・K・ブラウンも出演する。スーパーヒーロー映画の同作は、映画『フルートベール駅で』、映画『クリード チャンプを継ぐ男』を手掛けたライアン・クーグラーが監督を務めた。

『Black Panther(原題)』は、2018年2月16日に米劇場公開となる。

ポスターは下記。

カテゴリー : エンタメ 映画 タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。