ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

未来の“空飛ぶ自家用車”は2人乗りのヘリコプター?!パリの見本市でお披露目予定

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

Surefly6月19~25日まで開催される“2017 Paris Air Show”という国際的航空見本市では、商業用航空宇宙産業関連のさまざまな展示がおこなわれ、新しい技術に出会えそうだ。

・“空飛ぶ自家用車”コンパクトなヘリコプター

その中の1つとして注目したいのが、“2人乗りの空飛ぶ車”Workhorseの「Surefly」。1100kgのクワッドコプターで、4つの回転翼の先端には2つの逆回転プロペラが設置されている。

改良を加えた“飛行距離拡大エンジン”のおかげで、最長約112km、最高速度112km/時を実現した。石油で簡単に燃料補給でき、すぐさまフライトを実施することが可能だという。まさに“空飛ぶ自家用車”なのである。

・BMWのエンジンを搭載

Surefly2開発元のWorkhorseでは、すでにキーデザインを公開しており、Panasonicのバッテリーパックや、BMWのエンジンを用いるようだ。

走行距離拡大用の“BMW 600ccツインシリンダージェネレーターエンジン”は、BMWの電気自動車「i3」のほか、幅が狭くフラットな特徴を生かして、「C600」というバイクにも採用されている。

・輸送用無人ドローンの飛行技術を生かす

また、Workhorseでは無人輸送用ドローン「HorseFly」を開発しており、これには商業利用マルチコプターコントロールシステムの技術が用いられている。このドローンは最大積載重量約4.5kg、最大30分のフライトが可能で、国際貨物航空会社“United Parcel Service(ユナイテッド・パーセル・サービス)”と提携し、すでに輸送業務をおこなっているという。

・今年からテストフライト開始

Surefly3これまで積み重ねてきた技術を活用して開発された「Surefly」。Workhorseとしては、将来的に約181kgの最大積載重量を達成し、今年からテストフライトを開始して、2019年遅くには連邦航空局の認証を得たい意向だ。“空の自家用車”を利用できる日が楽しみである。

Surefly

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。