ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

冒険気分を満喫!離島リゾート「初島」に新アクティビティ

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

そろそろ夏休みの予定を立てようと考えている人もいるのではないだろうか。そんな人に耳寄り情報をお届け。

熱海市の離島・初島の複合リゾート施設「初島アイランドリゾート」に7月29日(土)、新アクティビティ「アドベンチャーアイランド VOTAN(ボウタン)」がオープン予定だ。

VOTANは、無人島に漂着した少年が、不思議なものだらけの世界を冒険するというストーリーに沿って、原住民の集落跡地や、何かを捕らえていた檻、巨大なクモの巣、巨大植物、難破船などを模した10種類のオリジナリティあふれるアスレチックを攻略していくアトラクション。

迷路や吊り橋など、子どもはもちろん大人もドキドキ、ワクワクする仕掛けが満載だ。所要時間は約60分、料金は大人・小人共通600円[※2歳以下無料]。

ハーネスをつけて樹の上を渡っていく、予約必須の人気空中アスレチック「SARUTOBI(サルトビ)」のリニューアルと併せて、ますますアクティビティが充実した初島に注目だ。

初島アイランドリゾートは、熱海港から高速船で30分、静岡県唯一の有人島・初島に展開する複合アウトドアリゾート施設。

グランピングが楽しめるコテージをはじめ、亜熱帯の植物が生い茂る「R-Asia」、海泉浴「島の湯」、初島アドベンチャー「SARUTOBI」、シーフードBBQレストラン「初島ピクニックガーデン」、さらには海水をくみ上げた「海のプール」(夏季限定)などが揃う。

そして、7月1日(土)には、グランピングコテージ「アジアンリゾートヴィラ」がグランドオープンする。

全部で8棟あるコテージそれぞれに、海を望む広々としたデッキがついており、ハンモックに寝ころび島の風に揺られたり、ソファに座って水平線を眺めたり、離島ならではのゆっくりと流れる贅沢な時間を過ごすことができる。コテージ内には、ダブルベッドとソファーベッドが設置され、エアコンと冷蔵庫も完備されているので快適だ。

今年の夏休みは初島で思いっきり羽を伸ばしてみてはいかが?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。