ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

都内で見られるのはここだけ!鮮やかに輝く「ヒカリモ」を見に実篤公園へ

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

【TABIZINE 現地特派員による寄稿】 

都内で見られるのはここだけ! 鮮やかに輝く「ヒカリモ」を見に実篤公園へ

都内で見られるのはここだけ!鮮やかに輝く「ヒカリモ」を見に実篤公園へ
春になれば園内の桜が花咲き、山吹の時期を越えて紫陽花へと移る季節。四季折々に様々な花が咲き乱れる実篤公園では、都内で見ることができるのはここだけ! の「ヒカリモ」が今、見頃を迎えています。

京王線の「つつじヶ丘」駅もしくは「仙川」駅から徒歩10分のところにあるこの公園は、武者小路実篤が、「水のある所に住みたい」という子供の頃からの願いを叶えた場所で、晩年の20年間を過ごした旧宅跡になります。

昭和53年5月から「実篤公園」として一般公開され、実篤生誕100年に当たる昭和60年10月には、「武者小路実篤記念館」も設置されました。

緑のゲートをくぐり、トンネルを抜けると、そこは別世界。空高くまっすぐに伸びる竹や、空を覆いつくすかのようなヤマモミジが美しい。語りかけるように木々が揺れて、その都度、木漏れ日も形を変えていきます。

思い出を作るかのように、ゆっくりと池の辺りを歩いていると、金色の鯉が出迎えてくれました。

都内で見られるのはここだけ!鮮やかに輝く「ヒカリモ」を見に実篤公園へ
都内で見られるのはここだけ!鮮やかに輝く「ヒカリモ」を見に実篤公園へ
都内で見られるのはここだけ!鮮やかに輝く「ヒカリモ」を見に実篤公園へ
都内で見られるのはここだけ!鮮やかに輝く「ヒカリモ」を見に実篤公園へ
少し進むと「ヒカリモ」が!

都内で見られるのはここだけ!鮮やかに輝く「ヒカリモ」を見に実篤公園へ
「ヒカリモ」は太陽の光を反射して、黄金色に輝く“藻”のことで、平成17年に来園者が発見したことにより生育が確認されました。豊かな湧き水やうっそうと茂った樹木がないと生育が難しく、自然豊かな環境が残されている証拠ですね。「ヒカリモ」自体は全国各地に見られますが、毎年定期的に同じ場所で見ることができるのは、ごく “まれ” だとか。お天気が良くても、西陽の強い日や雨が続いた翌日などは、あまりはっきり見ることができないようですが、その日だけの色で私たちを楽しませてくれます。

自然の美しさを大切にしていた実篤は、その美しさを心を込めて描きたいと願い、かき続けていたといいます。その情熱は亡くなる半年前、日々使い込んだ硯に穴をあけてしまう程だったというエピソードも。

土・日・祝の11時から15時までは、旧邸の内部も公開されており(雨天中止)、記念館では、会期を設け様々な展示会が行われています。

都内で見られるのはここだけ!鮮やかに輝く「ヒカリモ」を見に実篤公園へ
旧武者小路実篤邸

都内で見られるのはここだけ!鮮やかに輝く「ヒカリモ」を見に実篤公園へ
武者小路実篤記念館

都内で見られるのはここだけ!鮮やかに輝く「ヒカリモ」を見に実篤公園へ
都内で見られるのはここだけ!鮮やかに輝く「ヒカリモ」を見に実篤公園へ
ベンチに腰掛け、ただただ木々のせせらぎや水の音、鳥の声を聴いているだけの豊かな時間。鮮やな黄金色に染まる「ヒカリモ」は9月下旬頃まで見ることができます。武者小路実篤が愛した自然あふれる実篤公園へ。カメラを片手に癒しの空間を是非、体感してみてください。

[調布市武者小路実篤記念館 / 実篤公園]

関連記事リンク(外部サイト)

【日光】リピートせずにはいられない!女子会にもぴったりな「あさやホテル」
まさか◯◯のCMだったなんて!衝撃のクオリティに隠された秘密とは?
非公開: 天草で体験する大人の癒し!心も体もきれいにしてくれる感動ホテル

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIZINEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。