体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

TABIPPOがLUSHとお洒落な「エコ旅」を始めました♡ 旅人も地球環境を考える時代です

TABIPPOがLUSHとお洒落な「エコ旅」を始めました♡ 旅人も地球環境を考える時代です

9月3日(日)から世界一周する、いとう( @sykito0630 )です。世界一周の最初は、アメリカに自転車を連れていって、輪行旅をしようと思っています。楽しみすぎます。

自転車旅って、SNSから離れて、景色を見ながらいろんなことを考えられるし、何より風を感じながら、鳥の声を聞いて、そのエリアを存分に楽しめる方法のひとつだと思います。それに自転車って環境に優しいし…

って、自転車愛を語り出したら止まらないので、やめておきますね。

そして、そんな私は、ふと自転車に乗りながら、疑問に思ったことがありました。

 

「旅って楽しいしやめられないけど、飛行機乗りまくってたら全然エコじゃないし、このままどんどん旅好きが増えても、地球は大丈夫なのかな?」と。

 

旅を広める会社「TABIPPO」にいて、世界を旅して楽しい人生を送っているのに、将来の地球環境に対して全く考えたことがなかったんです。

これはやばい。なんか行動しよう。

ということで、環境への配慮を意識して、エコなライフスタイルや商品を提供している「LUSH」の工場へ潜入してきました。

 

LUSHってどんな会社?

photo by LUSH

LUSHとは、スキンケア・ヘアケア・ボディケアアイテムなどを販売している英国生まれのフレッシュハンドメイドコスメの会社。現在は世界49の国と地域で、約930店舗を展開していて、日本国内では 約100店舗を展開しています。

環境に配慮した商品開発をしていて、全商品の約40%が固形商品です。機内持ち込みもできちゃうし、固形商品の多くは、プラスチックの容器に入っていないので、ゴミの削減につながり、エコですよね。

私もこの前沖縄に行った際に、シャンプーバーを持って行きました。固形だから軽いし、なんといってもフレッシュないい香り…。沖縄の眩しい太陽に当たり、透明感いっぱいの海に入った後に、爽やかで環境に優しいバスアイテムでシャワーを浴びて至福の時。最高でした。

 

LUSHの原材料を作っている「たむそん自然農園」

日本国内で販売する商品を製造する工場に潜入する前に、LUSHの原材料を育てている神奈川県にある農園にお邪魔してきました。

 

ちょっと傾いてない…?

なんと、農園自体がちょっと傾いているんです。これもわざとこの立地にしたんだとか。水の流れが止まらないような工夫らしいです。その他にこの農園には、世で言う「雑草」が生えっぱなしです。だけどその草たちが、野菜に適切な水が行き届くように調整するみたいです。

農業初心者の私は、知らないことばかりでいちいち驚いてしまいました。

実際に農園の野菜を食べてみた

1 2次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。