ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

わーすた 初の海外定期ライブ第一回目は台湾! アニソンカヴァーでも大盛り上がり

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
わーすた 初の海外定期ライブ第一回目は台湾! アニソンカヴァーでも大盛り上がり

 わーすた初となる海外定期ライブ【WASUTA LAND W1】(ワースタランド・ダブリュー・ワン)の第一回目が、2017年6月11日に台湾・台北市中心部のライブハウス「台湾Jack’s Studio(杰克音樂)」にて開催された。

わーすた【WASUTA LAND W1】写真(全2枚)

 この【WASUTA LAND】はゲームのスーパーマリオのワールドステージ風に、1つずつエリアをクリアする、といったコンセプトのワンマンライブ。ファンとの一体感が好評で、いよいよ海外でも展開していくことになった。

 わーすたはスマートフォンでのライブ撮影が出来、さらにTwitterや、FacebookによるSNS拡散を推奨する戦略を結成時から行っているため、最新曲も世界のファンへの浸透が早い。台湾現地のわーしっぷ(わーすたのファンの総称)も既に沢山聞いて準備していたことが伺えるような一体感のある空間になった。

 登場のOvertureから台湾のわーしっぷと日本から来たわーしっぷが息ぴったりなコールで迎え入れ、『アイドルタイムプリパラ』のオープニング曲「Justbeyourself」から最高潮に。自己紹介も中国語で行い、また、メンバーそれぞれ勉強中の語学を交えて、三品瑠香は韓国語、松田美里は中国語、廣川奈々聖と、小玉梨々華は英語、坂元葉月はフランス語も披露した。

 中盤にはユニット曲で個性あふれるパフォーマンスとアニソンカヴァーを披露。本邦初公開だったのは新世紀エヴァンゲリオンの「残酷な天使のテーゼ」と「めざせポケモンマスター」。イントロが流れると同時に会場にも驚きの声が響く。わーすたが世界に目を向けて活動していることの一つで、重要にしているのが日本のアニソンカヴァー。どの国に行っても日本の代表するアニソンは世界をつなぐカルチャーとして受け入れられていることを証明した。

 MCでは三品が「本当に神曲だよね! すごい!」と、初披露にもかかわらず最高潮の盛り上がりを見せたことに驚きを表し、また「めざせポケモンマスター」では曲中にお気に入りのポケモンをポーズで表現したことが説明されると、改めて1人1人好きなポケモンを、松田は「イーブイ」、廣川は「ミズゴロウ」、坂元は「ピチュー」、三品は「チコリータ」、小玉は「ポッチャマ」だとポーズをしてみせた。

 終盤、わーすたの代表曲「いぬねこ。青春真っ盛り」「うるとらみらくるくるふぁいなるアルティメットチョコびーむ」「ワンダフル・ワールド」などをたたみかけ、アンコールを含む全19曲を披露。初めての海外定期ライブ【W1】は現地ファンを中心に約100人と大盛況に幕を閉じた。

 デビュー2年目の今年、2月にタイ、4月に台湾、6月に今回のワンマンライブで再び台湾と立て続けに海外でのライブを行ってきたわーすた。来る7月には【JAPAN EXPO in Paris】にゲスト招待を受け、、初めてのヨーロッパ・フランスに上陸する予定。その翌週には中国上海へわーすた2度目の公演と、半年で5公演の海外公演を実施する。

◎セットリスト
【WASUTA LAND W1】@台北市:杰克音樂
01.Overture
02.Just be yourself
03.スイカ割り
04.NEWにゃーくにゃくにゃ水族館2
05.ワンダフル・ワールド
06.恋愛サーキュレーション[アニメ・化物語](坂元・松田・小玉)
07.にこにこハンブンコ(坂元・松田・小玉)
08.好きな人とか居ますか 廣川・三品
09.ライオン[アニメ・マクロスF]廣川・三品
10.残酷な天使のテーゼ[アニメ・新世紀エヴァンゲリオン]
11.めざせポケモンマスター[アニメ・ポケットモンスター]
12.Magical Word
13.らんらん・時代
14.完全なるアイドル
15.約束だから
16.ちいさな ちいさな
17.いぬねこ。青春真っ盛り
18.うるとらみらくるくるふぁいなるアルティメットチョコびーむ
EN1.ワンダフル・ワールド

関連記事リンク(外部サイト)

わーすた松田美里【広島カープ×福岡ソフトバンクホークス戦試合】にて国歌斉唱
わーすた 結成2周年当日の定期ライブも大盛況! メンバー習得中の外国語を取り入れた新曲を初披露
わーすたコラボカフェに現役アイドルが多数来店、AKB卒業のこじはるに“にゃんにゃんの二番手としてがんばる”

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。