体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【神ワザ不要】噂の筋肉料理人の「そうめんをおいしくゆでるコツ」【今週はそうめん】

f:id:kinniku39:20170606164353j:plain

冷しゃぶをおいしくする「意外な調味料」も!

こんにちは~、筋肉料理人です!

そろそろ雨の季節ってことで蒸し暑くなってきました。そこで、今週のレシピブログチームのテーマは夏先取り、「そうめん」です。

ゆでて冷やしてそのままおいしいそうめんですが、私は冷しゃぶを具材に使い、黒こしょう風味のゴマダレをかけることで、とってもおいしく、スタミナ補給バッチリに料理します。そうめんのおいしいゆで方、おいしい冷しゃぶの作り方も一緒に紹介させて頂きます!

筋肉料理人の「黒こしょうごまタレで冷しゃぶそうめん」

【材料】(2人分)

豚しゃぶ肉 200g 温泉卵 2個(※「15分で作れる! 美味すぎる温玉納豆」を参照) そうめん 4束 きゅうり 1本 トマト 1/2個 コーン水煮缶詰 1缶 日本酒 大さじ2 刻みねぎ、刻みのり お好みで (A) 3倍濃縮めんつゆ 大さじ6 すりゴマ、酢 大さじ3 砂糖 大さじ1 味噌、ごま油 小さじ2 おろし生姜、おろしにんにく、ラー油 小さじ1/2 黒こしょう 小さじ1 一味唐辛子 ひとふり

作り方

f:id:kinniku39:20170606164403j:plain

1. 黒こしょうごまタレを作ります。(A)を混ぜ合わせておきます。市販の麺つゆに酸味と甘味、味噌でうま味を加え、黒こしょうとごまの風味をプラスしたタレです。多めに入れた黒こしょうが夏向けの爽やかな辛味を演出します。

f:id:kinniku39:20170606164407j:plain

2. そうめんをゆでましょう。鍋にたっぷりの湯を沸かしたら、そうめんを入れて1分30秒ゆでます。

f:id:kinniku39:20170606172738j:plain

ゆでたらザルにあげ、流水につけて冷まし、冷ましながら手でもんで麺のコシを出します。ここが大事なところです。シンクから水が飛び散る勢いでもんで下さい! もんでいるうちに麺の手触りが変わるのがわかります。そうめんのコシがでたらザルにあげ、しっかり水切ります。

f:id:kinniku39:20170606164417j:plain

3. 2のお湯を再利用して、冷しゃぶを作ります。一度、強火で沸騰させたらとろ火にして、日本酒を入れて沸騰を止めます。ここに豚しゃぶ肉を入れて菜箸でしゃぶしゃぶし、お湯の温度を下げることで肉が固くなるのを防ぎます。豚しゃぶの場合、お肉の色が完全に変わるまで泳がし、牛しゃぶの場合は少しピンク色が残った位で大丈夫です。

1 2次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy