体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ウェグナー最初期の名作椅子がフルラインナップ「THE FIRST MASTERPIECES」販売スタート

the-first-masterpieces_001

デンマークのインテリアブランド・カール・ハンセン&サンから、Hans J. Wegner(ハンス J. ウェグナー)が手がけた初期の名作椅子シリーズ「THE FIRST MASTERPIECES」が復刻発売されています。

ウェグナーとカール・ハンセン&サンが協働開発した椅子といえば、Yチェアの愛称で知られるCH24が有名です。しかしCH24が生まれた1950年には、CH22、CH23、CH25、CH26と、同時期に開発された兄弟というべき椅子が存在しました。

そのうち、CH24(Yチェア)とCH25は発売以来65年以上にわたり継続して生産。2016年には試作品すら作られておらず「幻の1脚」と呼ばれてたCH26と、一次生産が中止されていたCH22の復刻生産を開始。そして今年、ウェグナーとカール・ハンセン&サンのためにデザインしたファーストコレクションが全て揃うことになりました。

エポックメイキングな名作が揃う「THE FIRST MASTERPIECES」。椅子をご検討中の方はぜひチェックしてみてください。

the-first-masterpieces_007 左からCH25、CH22、CH26、CH23、CH24。 the-first-masterpieces_002 CH22

シートハイ低めのラウンジチェア。

the-first-masterpieces_006 CH23

シンプルなダイニングチェア。

the-first-masterpieces_004 CH24(Yチェア)

中国のミンチェアからインスパイアされたモダンデザインの傑作。

the-first-masterpieces_005 CH25

ペーパーコード張り。今年、ウォルナット仕様も新たに発表された。

the-first-masterpieces_003 CH26

CH22のデザインを踏襲したダイニングチェア。1950年当時はデザインされたものの未発表。2016年に復刻されています。

1 2次のページ
TABROOM NEWSの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。