体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「ありのままの自分」を受け入れてくれる人がいない。でも、結婚したい。

「ありのままの自分を好きになってくれる人と結婚したいんです」

恋愛相談・婚活相談を受けていると定期的にこのような言葉を耳にします。

そう、この「ありのまま信仰」は男女問わず信仰者がとっても多い。

ありのまま信仰への賛同と批判

20170612_papuriko01.jpg

「ありのままの自分を好きになってくれる人がいい」という言説についての女性たちの意見を、ざっくりレビューしてみましょう。

批判派の意見はおおむね下記のような感じ。

「ありのままの自分? なにそれ、そんな寝言を言ってる暇があれば女子力を磨けば?」

「男性に選ばれるように努力しないなんて、怠慢なんじゃないの?」

「昔はそう思ってたよ。でもね、やっぱりモテない自分からモテるようになるとねーその努力ってやっぱり必要だったと思う。ありのままの自分じゃダメだったわ」

批判するのは主に、努力によってモテを手にした女性や、恋愛のために女性としての魅力を上げようと努力している女性、です。

彼女たちからすれば、「ありのままでいい」と言われると、自分が努力して手に入れてきたものの価値を認められなかったような気がするのでしょう。その気持ちはよくわかります。

一方で、ありのまま派は「そうやって無理しても続かないんじゃない?」と反論します。

「昔は無理してモテテクとかやってたよ。でも、そういう自分を好きになれないんだよね。だから、やっぱり自然体なのがいいなって」

「昔、超できるコンサル男と付き合ってたときは、彼と釣り合う女にならなきゃって思ってめっちゃ尽くしてた。でも、何をしてても泣き出すようになっちゃってから、やっぱり無理しないと一緒にいられない人はダメだって思った」

「働いた給料の半分を彼氏にわたしてもまだ『足りない』って言われてたから、深夜バイトをかけもちしてたんだよね。そしたら普通に過労で倒れた。やっぱり入院しないと付き合えない男は無理だね。自然体でも一緒にいられる人がいちばん」

これまた大変にヘビーな体験談が出てきて、涙なくしては聞けません。

ありのままの自分=現状維持の自分

さらに、「ありのままの自分を好きになってくれる人がいい」という言葉には、上記以外の意味もまだまだあります。

なかでも根強いのが「いまの自分を変えたくない」「現状維持したい」という意味での「ありのままの自分を好きになってくれる人がいい」。

この意味での「ありのままの自分を好きになってくれる人がいい」は、これまで異性と付き合ったことがないオクテ女子、数年間は彼氏がいないマイペース女子などがよく言う傾向にあります。

そしてこの場合の「ありのままの自分を好きになってほしい」は、「現状を変えない動かない理由づけ」として用いられることが多々あります。

「婚活はちょっとやってみたんですけど…ありのままの自分を受け入れてくれる人がいいなって思うから、やっぱりやめようと思います」

「出会いを求めて動くといった”不自然なこと”はしたくないんです。やっぱり、ありのままの自然な自分がいいです。自然体じゃないとうまくいかないって言うじゃないですか」

「私はとてもマイペースだから、無理ってできないんですよね。だから、ありのままの自分を好きになってくれる人を待ってます」

「ありのままの自分」を受け入れてくれる人がいない。でも、結婚したい。

20170612_papuriko02.jpg

「なるほど無理をしたくないっていうのはわかるよ」「しばらくはこのまま様子見だねー」と話しているうちはまだいいのですが、時間が経つと彼女たちは「ありのままの自分を受け入れてくれる人がいない」とグチりだすようになります。

「ありのままの自分を好きになってくれる人がぜんぜん見つからない。なんで? まわりの人たちはみんな、結婚してるのに? なんで私だけ?」

「自然体でいるだけなのに、やっぱりモテとか努力しなくちゃダメなの? 男性の好みに合わせないと結婚できないの?」

「やっぱり男性はわかりやすいモテ女や、媚びる女性が好きなんだね…そこまでして結婚したくないかも」

1 2 3次のページ
グリッティの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。