ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

チャン・ツィイー、レジェンダリーによるゴジラ誕生の幕開け映画『Godzilla: King of the Monsters(原題)』に出演へ

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

チャン・ツィイーが、レジェンダリーによる映画『ゴジラ』シリーズの次作となるゴジラ誕生の幕開けを描く映画『Godzilla: King of the Monsters(原題)』にメインキャラクターとして出演する。北京生まれのツィイーは、カイル・チャンドラー、ヴェラ・ファーミガ、ミリー・ボビー・ブラウン、ブラッドリー・ウィットフォード、渡辺謙と共演することになる。

同作は、2014年に公開された映画『GODZILLA ゴジラ』で描かれた出来事から数年後を舞台にし、ツィイーは同作で創設された秘密組織モナークにおける重要人物を演じる。

映画『クランプス 魔物の儀式』のマイケル・ドハティ監督が、ザック・シールズと共同執筆した脚本をもとに監督を務める。

アレックス・ガルシアが、レジェンダリー側で製作を監修する。『Godzilla: King of the Monsters(原題)』は、2019年3月22日に米劇場公開となり、モンスター映画のマッシュアップ作である映画『Godzilla vs. Kong(原題)』は、2020年5月22日に米劇場公開となる。

レジェンダリーと米ワーナー・ブラザースは2015年後半に、映画『キングコング:髑髏島の巨神』をはじめとして、今後すべてのキングコングとゴジラの映画がレジェンダリーによって開発され、ワーナー・ブラザースによって配給されることを発表した。レジェンダリーは現在、米ユニバーサル・ピクチャーズと配給契約しているが、ゴジラとキングコングにチームを組ませるために、配給権利をワーナー・ブラザースに戻した。

ツィイーは、映画『SAYURI』でゴールデングローブ賞、BAFTA賞、SAGアワードにノミネートされた。その他の出演作には、映画『HERO』、映画『LOVERS』、映画『2046』、映画『グランド・マスター』がある。ツィイーは、ICMパートナーズ、モザイクと代理人契約を結んでいる。

カテゴリー : エンタメ 映画 タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。