ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

この湿疹は小さな命の自己主張?! 妊活中に始まった痒みは全身に広がって…

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
f:id:akasugu:20160829164102p:plain

妊活をしていたある月のこと、不意に右足首の関節に異様な痒みを覚えました。

何気なくかいているとどんどん掻痒感が増して行き、ひたすら冷やすように心がけていました。

数日経つと治まってきたかと思いきや、なんと膝の裏側、両足の内股まで痒みと赤みが広がって行き、内股に至っては20cmくらいの範囲に達しました。

薬をのむべきか悩みましたが、妊活中のため、もしものことがあってはと慎重になっていました。

この時はちょうど、妊娠していれば4週目位にあたる時期でした。

まだ検査しても妊娠したかはっきり分からない時期です。

以前、検索で「妊娠超初期の兆候のひとつとして、湿疹が出ることも」との情報を見つけていたので、再度読み直し、もしかしたら…と期待しました。

その間も、湿疹は体を上昇し続け、腕、唇、目の辺りまでとにかく痛痒い症状が続きました。

結局、全て完治するまでに1ヶ月は要しました。 関連記事:身の毛もよだつ! 妊娠性掻痒の虫が這いまわるような痒み。全身搔き壊して血まみれに

この湿疹があまりに突然かつ、着床した後くらいのタイミングだったので、勘が冴えたのかもしれません。

妊娠5週目で待ちきれず妊娠検査薬でチェックすると、想像以上に薄っすらと陽性が2回続き、病院でもエコーでは映らなかったものの検査結果は陽性、排卵の跡まで確認してもらいました。

先生も内股の湿疹に気づかれ、ホルモン変化の影響などで、肌が敏感になることがありますとのこと、以前に薬局でいただいたクリームも引き続き使用できますとのことでした。

妊娠が確定してからは、喜びのあまり痛痒さも我慢でき、あっという間に月日が流れていきました。

たかが湿疹、されど湿疹。小さな命の自己主張がお母さんの体の至るところに表れていくと思うと、なんだか繋がりを感じます。 関連記事:コレって風邪じゃないの!? 滝のように流れ出てくる鼻水は「妊娠性鼻炎」だった!

そして妊娠がなんと敏感で繊細なものだろうと未だに感じることが多々あります。

正直、毎日辛い眠気やつわり、妊娠線のケアなどなかなか笑っていられないことも増えていきます。

やはり、妊娠中とはいえ肌は綺麗に保っておきたいので、妊婦も使えるクリームやオイルなどを塗るように心がけています。

産後に笑顔のお母さんでいられるように、出来る限りのケアを行っていきたいところです。

著者:m

海外生活を送る今、妊娠中期に入りました。赤ちゃんの健康の為にも日本食を模索中の毎日です。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

胃腸炎かと思ったら
これって妊娠の超初期症状!? 自分の体調を細かく記録して気づいたこと
妊娠確定後も不安で基礎体温を測り続けていたら、急にガクンと下がって…?!

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。