ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

『6月11日はなんの日?』歴史を変えたフリージャズの先駆者、オーネット・コールマンの命日

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
『6月11日はなんの日?』歴史を変えたフリージャズの先駆者、オーネット・コールマンの命日

 6月11日はアルトサックス奏者、オーネット・コールマンの命日。コールマンは今から2年前、2015年6月11日に心不全により85歳でこの世を去っている。

 フリージャズの先駆者として知られるジャズ界の巨匠、オーネット・コールマン。1959年に発表した『ジャズ来るべきもの(The Shape of Jazz to Come)』では、その後数十年続く即興ジャズの方向性を決定づけ、1961年の『フリー・ジャズ』では、そのタイトル通り、のちに“フリージャズ”と命名されることになるジャズの新たな方向性を提示した。また、ロック・レジェンドたちとも仕事をしており、オノ・ヨーコやルー・リードの作品などに参加している。

 2000年代には同じくジャズ界で活躍する大御所サックス奏者、ソニー・ロリンズとの共演も話題に。また、コールマンの長きにわたるジャズ界への貢献と功績が認められ、2007年には“グラミー功労賞”を、さらに同年『Sound Grammer』(2006年)で“ピューリッツァー賞”も受賞している。

関連記事リンク(外部サイト)

ジャズを変えた巨匠、オーネット・コールマン(85)死去
モダン・ジャズの偉人チャーリー・パーカーのトリビュート・アルバム発売決定、現代ジャズ・シーンを代表する豪華アーティストが参加
山中千尋、ジャズ界の巨匠セロニアス・モンクへのオマージュ・アルバム発売

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。