ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

アラビア半島ペルシャ湾岸の音楽「ハリージ」を特集

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

アラビア半島ペルシャ湾岸の音楽「ハリージ」を特集
J-WAVEで放送中の番組「ORIENTAL MUSIC SHOW」(ナビゲーター:サラーム海上)。6月9日(金)のオンエアでは、アラビア半島、ペルシャ湾岸の音楽「ハリージ」を中心に紹介しました。

特集の前に最近のヒット曲から。まずはワールドツアー中のレバノン人女性歌手、ヤスミン・ハムダンのアルバム「アル・ジャミラ 〜美しきもの」から「Choubi」。このチョービ(Choubi)とはイラクの伝統的なダンス音楽のことです。小型の打楽器のリズムとバイオリンのアラビックな旋律に、ボーカルがアドリブで歌う、日本でいう“河内音頭”のような音楽とのこと。ヤスミンは、打ち込みを中心にアンビエントなギターを加えた浮遊感ある曲に仕上げています。

続いてモロッコの民謡「シャービ」の人気女性歌手アスマー・ ラムナワルの「Andou Zine」。モロッコの田舎の結婚式を舞台にしたミュージックビデオが話題となり、YouTubeで1600万回も再生された、現在のモロッコを代表する曲です。

今回のメインとなる音楽「ハリージ」の最新ヒット特集。「ハリージ」はクウェートを中心にUAE(アラブ首長国連邦)、サウジアラビア、イラクなどで発展した音楽で、女性が黒髪をほどいて頭を勢いよく回し、髪を振り回すダンスする、まるでスローなヘッドバンギングのような踊り。

オンエアでは、ベテラン男性歌手、アブ・バカール・サレムが歌うスタンダードなハリージ、イエメン古典音楽の有名歌手アフメド・ファティの長女でアイドル歌手、バルキースが歌う「Ya Khala」、そしてイラクの人気シンガーソングライター、ワリード・アル・シャーミによる今時のハリージ「Hatha W Hatha」など、さまざまなタイプのハリージのヒット曲を紹介しました。

ちなみに、ほかのアラビア系のポップスとハリージとの見分け方は、まず言葉がアラビアの湾岸方言で歌われていて、日本人が聞くと東北弁の演歌のように聴こえます。さらに、もたったリズムのスウィング感がハリージならでは、なのだそうですよ。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「ORIENTAL MUSIC SHOW」
放送日時:毎週金曜 26時−26時30分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/dc3/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。