体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【インタビュー】シャープが手がけるベンチャー支援!モノづくりのイロハを10日間で学べる「モノづくりブートキャンプ」とは

SHARP-1ITベンチャー企業が「モノを絡めたサービスを提供したい!」「IoTサービスを始めたい!」といっても、実際にモノを作るとなると、これまでのインターネットテクノロジーの技術以外に、モノづくりの知識やノウハウが必要となってきます。

「モノってどうやって作るんだろう?」「そもそも材料はなにを使う?」「量産の際どうやって作るの?」「工場へ依頼はどうすればよい?」

会社によって疑問を持つ段階は様々ですが、ひとつモノを作ろうとするだけで、わからないことが山ほど出てきます。

そんな「IoTベンチャー企業」のモノ作りを全面的にバックアップする研修が、シャープとさくらインターネットが運営する「モノづくりブートキャンプ」です。

モノづくりブートキャンプを運営しているシャープのオープンイノベーションセンター 所長 村上善照さんと、実際に研修を受けた株式会社tsumug代表の牧田さんにお話を伺いました。

・モノづくりブートキャンプとは?

SHARP-3

モノづくりブートキャンプは、奈良県の天理市で9泊10日かけて行うモノづくりに特化した研修です。

モノづくりの基本プロセスから、例えば回路基板盤設計や、プレス金型の基礎といったモノづくりの基本プロセスだけではなく、品質管理やコスト管理までを一貫して学べます。研修プログラムのゴールは製品要求仕様書を作成すること。

製品要求仕様書は、量産化する際に工場へ発注をかける時に必要不可欠な書類です。この仕様書が定まらないと、いざ製品化の際にトラブルが発生したり、コストを下げられなくなります。

サービスをローンチするのにはもちろん、スケールするためにも量産は避けて通れません。また、現場を体感しないとわからない、工場とのおつきあいの仕方のイロハも学べます。

・参加するタイミングはどのフェーズでも良い

村上さん曰く、「モノづくりに関わるのであれば、どのタイミングで参加していただいても大丈夫。本当に困っている会社さんに参加していただければ、我々は大きく貢献できます」とのことです。

しかし、推奨する企業のフェーズはあります。それは、プロトタイプを作っている、投資家に評価されている、近い未来に量産する、アイディアベースでも投資家から評価されている、モノづくりのノウハウは無いが先んじて勉強しておきたい企業……などは参加すると得られるものが大きいそうです。

研修に参加される企業には、モノづくりの基本的なことが学べるテキストが事前に配布されます。「研修が始まる前に自分たちで勉強できるところはしておきましょう」というスタンスで、ブートキャンプの当日は自分達が困っていること、知りたいことをクリアにするために多くの時間を使えます。

SHARP-4

これまでクローズドで1回、正式に3回研修を実施していて、クローズドも含めてこれまで参加された企業は17社だそう。

製品要求仕様書を仕上げられるように、前半の1日目〜6日目までシャープの社員によるレクチャーが中心。7~8日目で実際に製品要求仕様書を作成し、最後の2日間は製品要求仕様書の検討会、ディスカッションとまとめに入る。知識ゼロから10日間で工場発注までのノウハウを学べる。そんなプログラムです。

研修は毎日朝8時から20時くらいまで行い、その後シャープの独身寮に宿泊します。そこにはモノづくりブートキャンプのスタッフやシャープの社員も宿泊し、交流を交えながらディスカッションを続けるそうです。日中学んだことを踏まえてチームで相談したり、仕事をしたりと、なかなかハードな日々を過ごします。

・何故モノづくりに特化した研修なのか?

SHARP-5
1 2次のページ
Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。