ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

秋の旅行はそろそろ予約を!最も旅費が安くなる都市とベストな予約タイミング

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

暑い日が増えてきましたね。6月が終われば下半期に突入しますが、実は今ごろから秋の海外旅行を予約しておくと、安く行ける国と都市が少なくない様子。

NYは11月!下半期で最も旅費が安くなる都市とベストな予約タイミング
そこで今回はスカイスキャナーが発表した『ベスト・タイム・トゥ・ブック』を参考に、下半期で最も旅費が安くなる渡航先を紹介したいと思います。

10月に最も安くなる狙い目エリアは東南アジア

NYは11月!下半期で最も旅費が安くなる都市とベストな予約タイミング
シンガポール

まずは10月に最も安くなる渡航先を紹介しましょう。スカイスキャナーによると、

シンガポール(シンガポール)
ヤンゴン(ミャンマー)
バンコク(タイ)

と言った結果になるそう。

NYは11月!下半期で最も旅費が安くなる都市とベストな予約タイミング
(C)PR TIMES

シンガポールはマレー半島の先端にある都市国家で、マーライオンなどのランドマークがある人気の観光地ですね。

NYは11月!下半期で最も旅費が安くなる都市とベストな予約タイミング
(C)PR TIMES

シンガポールに関して言えば10月の旅行を4か月前に予約をすれば、通常より32%オフで旅行に出られるそう。つまり、今が予約時。

NYは11月!下半期で最も旅費が安くなる都市とベストな予約タイミング
ミャンマー

ヤンゴンとはミャンマーの旧首都。ミャンマーとは東南アジアに突き出したマレー半島の根元にある国で、インドに一部面しています。ヤンゴンに関しては10月の旅行を3か月と2週間前に予約すると、通常より21%オフで旅行が楽しめるのだとか。もうちょっと先ですね。

NYは11月!下半期で最も旅費が安くなる都市とベストな予約タイミング
タイ

次はタイのバンコク。世界から観光客を呼び寄せるタイの首都です。タイのバンコクに関しては4か月前に予約をすれば、通常より17%オフで旅立てます。「まだ行ったことがない」という人は、まさに今が予約時ですね。

 

11月に最も安くなる狙い目エリアは欧米と東アジア

NYは11月!下半期で最も旅費が安くなる都市とベストな予約タイミング
パリ

次は11月が最も安くなる旅先をピックアップします。欧米を中心に世界の大都市の多くは11月が下半期で最も安くなるのだとか。

ニューヨーク(アメリカ)
ロンドン(イギリス)
パリ(フランス)
バルセロナ(スペイン)
ウィーン(オーストリア)
香港(中国)
ソウル(韓国)

欧米の憧れの都市がいっぱいですね。もう一度、冒頭で紹介したインフォグラフィックスを確認してみましょう。

NYは11月!下半期で最も旅費が安くなる都市とベストな予約タイミング
(C)PR TIMES

ヨーロッパとアメリカの東海岸は日本から遠いため、時間も旅費もかかります。どうしても気軽な旅先として避けてしまいがちですが、11月に最も安くなると知っておけば、「行ってみようかな」という気にもなってきませんか?

NYは11月!下半期で最も旅費が安くなる都市とベストな予約タイミング
ニューヨーク

ちなみにニューヨークは4か月前(14%オフ)、ロンドンは5か月前(12%オフ)、パリは4か月と3週間前(13%オフ)、バルセロナは4か月2週間前(25%オフ)、ウィーンは5か月前(38%オフ)に予約をすると、それぞれ最も割引率が高くなるのだとか。

NYは11月!下半期で最も旅費が安くなる都市とベストな予約タイミング
(C)PR TIMES

ロンドン、ウィーンなどは今がまさに狙い目ですね。

NYは11月!下半期で最も旅費が安くなる都市とベストな予約タイミング
香港

東アジアの大都市である香港は、4か月と1週間前(19%オフ)。ソウルは4か月前(21%オフ)に予約をすると最も割引率が高まるようですよ。

 

以上、下半期のうちで最も旅費が安くなるタイミングを紹介しましたが、いかがでしたか?

10月、11月に休暇が取れるかを確認しつつ、早速動いてみてくださいね。

[ベスト・タイム・トゥ・ブック – スカイスキャナー]
[PR TIMES]
[All Photos by shutterstock.com]

関連記事リンク(外部サイト)

【日光】リピートせずにはいられない!女子会にもぴったりな「あさやホテル」
まさか◯◯のCMだったなんて!衝撃のクオリティに隠された秘密とは?
非公開: 天草で体験する大人の癒し!心も体もきれいにしてくれる感動ホテル

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIZINEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。