体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

板橋「丸鶴」は“しっとりチャーハン”を愛する者の聖地である【下町の町中華】

f:id:Meshi2_Writer:20170514173944j:plain

2年半近くも前の話で恐縮だが、テレビのバラエティ番組『マツコの知らない世界』(TBS系)の「板橋チャーハンの世界」でナビゲーターを務めさせてもらった。

『メシ通』で連載中のラーメン系譜学でも、メシ通初登場したときの『ザ・閉店』もそうだったが、自ら発行しているミニコミ誌がキッカケでの出演だった。

2014年末に『街道deチャーハンを食う』という、ロードサイドで主に深夜営業する普通の町中華でただひたすらチャーハンを食べた記録を本にまとめた。 街道deチャーハンを食う [デウスエクスマキな食堂14年冬号]

街道deチャーハンを食う [デウスエクスマキな食堂14年冬号] 作者: 刈部 山本 発売日: 2017/03/05 メディア: Kindle版

今回は自分がラーメンとともに追いかけている、しっとりチャーハンの話をしようと思う。

町中華は「しっとり」していた

自分は、埼玉県川口市という東京に隣接する工場街で昭和末期に育ったが、町には家族経営の飲食店が軒を連ねていて、出前となるとそういうお店から取るのが当たり前だった。

f:id:Meshi2_Writer:20170515140126j:plain f:id:Meshi2_Writer:20170515140154j:plain

▲こうした外観や店内の中華屋さんが町の至る所にあった。※写真はイメージです

外食というものの最初の接触は、町にフツーにある当たり前の中華料理店、つまりは町中華で、他にありふれたそばや洋食、喫茶のお店くらいしかなかった。

徐々にロードサイドにファミレスが出来るようになって、出前でピザが頼めるようになったのは成人した頃。

その時分には一人暮らしもして、飲み会なんかで行くチェーンっぽい居酒屋さんで初めて町中華以外のチャーハンを食べるわけだが、その時の違和感ったらなかった。

なんだこのパッサパサのチャーハンは!?

自分がフツーだと思っていた、水気を含んでふっくら炊けたみずみすしい米をラードでさっと炒め、米のうま味がギュッと閉じ込められた甘くしっとりとしたチャーハンはどこへ消えたのか。

この頃になるとTVでは、パラパラと炒める失敗しないチャーハンづくりが声高にうたわれるようになり、冷凍食品やファミレス、フードコートなどで出てくる代物のほとんどがパラパラを銘打つようになった。

商店街の衰退が叫ばれるようになり、町中華が徐々になくなりだしたのが、ちょうどこの時期だったように思う。

しかし、地方の商店街が成立しにくくなる反面、逆に都心部の特に開発されにくいエリアでは、商店街や町中華がしぶとく根付き、地元の男性たちを中心に支持を集めていた。

板橋区内の、各駅しか止まらないような東上線沿線の、こぢんまりした駅前商店街では町中華が現役だった。この当たり前の風景の当たり前の味を多くの人に思い出して、もしくは新たに知ってもらえるならと、テレビ出演を受けた。

1 2 3 4 5次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。