ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

スニーカーもパンプスも色味が絶妙。働く女子に圧倒的人気のサラ・ジェシカのシューズライン #SJPCOLLECTION

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

昨年末、念願の店舗オープンを果たした、サラ・ジェシカ・パーカーのシューズブランド「SJP by Sarah Jessica Parker」。

20170611_sarah_04.jpg20170611_sarah_03.jpg20170611_sarah_02.jpg初店舗をNYではなくワシントンD.C.にオープンしたのが意外だったのですが、アメリカの大手MGMがオープンするハイクラスなカジノ商業施設への出店だと聞いて、思わず納得してしまいました。

流星のようにキラキラなスニーカー。他にはないデザインが充実

いまや、働きざかりの30代女子に圧倒的な人気を誇るシューズブランドとして成長したSJP。

ブランドの魅力はなんといっても、他にはないSJPらしいデザインだと思います。

SJPさん(@sarahjessicaparker)がシェアした投稿 – 2017 5月 25 8:54午前 PDT

先日発売されたスニーカーも、SJPならではのデザイン。「Meteor(流星)」と名づけられたスニーカーは、夜空に光る流星のようにキラキラ。

これはスニーカーなのか、と考えてしまうほどの斬新さがあります。

255ドルという手がとどきやすい価格設定もあって、人気を集めているようです。

SATCのキャリーらしさがある、SJPブランド

SJPさん(@sarahjessicaparker)がシェアした投稿 – 2016 11月 18 12:04午後 PST

『SEX AND THE CITY』に出演して以来、ファッションアイコンとして注目され続けているサラ・ジェシカ・パーカー。

“サラ=シューズ”というイメージがあるのも、SATCのキャリー・ブラッドショー役の印象が強いから。

ドラマのなかでもよく登場した「マノロ ブラニク」とタッグを組んで誕生したSJPブランドは、デザインもまさに「キャリー」そのものに感じます。

本格派なのに手がとどきやすい。30代女性から支持されている理由

SJP Collectionさん(@sjpcollection)がシェアした投稿 – 2017 3月 27 6:46午前 PDT

SJPのシューズは、安いもので200ドルから500ドルほど。

けっして安いとは言えない値段設定ですが、イタリア製のクオリティを維持していることや、1000ドル以上するのがあたりまえな高級ブランドに比べると、たしかにお手頃です。

デザインはもちろんですが、この手がとどきやすい値段も、働きざかりな30代女性から支持されている理由のひとつなのかもしれません。

SJP Collectionさん(@sjpcollection)がシェアした投稿 – 2017 2月 1 9:22午前 PST

残念ながら日本ではまだ販売されていないのですが、アメリカの大手デパート「NORDSTROM」のオンラインショップでは、海外発送も受けつけています。

私もSJPの靴は2足愛用していて、そのうちベージュのヒールは2014年に購入したもの。

一見地味なベージュのヒールですが、見ためがとにかく美しく、履き心地もとっても良い。

普段カリフォルニアで楽なサンダルばかり履いている私。SJPのヒールの高い靴は、履くたびにいつも気を引きしめてくれます。

写真/gettyimages

こちらも読まれています

・ファストファッションには、もううんざり。サンフランシスコのテック系女子が服にお金をかけ始めた

・ガードルを身につける。ファッションの楽しさぐっと広がる #sponsored

・背中美人になりたい。女医に聞いた、背中のブツブツケア5か条 #sponsored

■ あわせて読みたい

・ペディキュア楽しい。サンダルとの好相性見つけた
・カゴバッグと過ごす夏
・ファストファッションには、もううんざり。サンフランシスコのテック系女子が服にお金をかけ始めた
・躊躇せず靴を脱いで、裸足で歩く覚悟はできてる #ふたりごと
・暑い日も寒い日もサーマルカットソーを着る
・東京の夏。クリアバッグで涼を感じる
・NYのコム・デ・ギャルソン展に行ったら、アヴァンギャルドな人であふれてた

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。