体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

低出生体重児と早産児の違いは?元気な赤ちゃんを生むための予防対策

低出生体重児と早産児の違いは?元気な赤ちゃんを生むための予防対策
生まれてきた赤ちゃんの体重が少ない場合、低出生体重児の可能性があることをご存知でしたでしょうか?

やっとの思いで出産を終えたばかりにも関わらず、ママは赤ちゃんの状態が心配になり気が気ではいられなかと思います。

今回は、低出生体重児の原因と予防法などを、医師に丁寧に解説していただきました。

低出生(しゅっしょう)体重児とは

低出生体重児と早産児の違いは?元気な赤ちゃんを生むための予防対策
生まれた時の体重が、それぞれ以下の基準で定められております。

■ 低出生体重児:2500g未満
■ 極小出生体重児:1500g未満
■ 超低出生体重児:1000g未満もしくは妊娠28週未満

早産児や未熟児との違い

低出生体重児と早産児の違いは?元気な赤ちゃんを生むための予防対策

早産児

妊娠22週以降37週未満に生まれた子どもで、体重は関係ありません。

未熟児

未熟児という用語は現在新生児医学ではあまり使われていません。未熟児といってもいろいろなので、出生体重と妊娠週数を述べることで未熟さを表します。

もともと未熟児という言葉は、生まれた時の体重が2500g未満である児を指していましたが、体重が小さくても体の機能は比較的成熟していたり、逆に体重だけ大きくても機能が未熟な場合があるため、妊娠37週未満に生まれた場合も未熟児と言われるようになりました。

母子保健法では、「未熟児とは、体の発育が未熟なまま生まれた子で、正常児が生まれた時に持っている機能を獲得するまでの状態」となっています。

低出生体重児が生まれる原因

低出生体重児と早産児の違いは?元気な赤ちゃんを生むための予防対策

早産

■ 原因

・絨毛膜羊膜炎

・頸管無力症

・多胎妊娠

・羊水過多症

・前期破水

・妊娠高血圧症行軍

・常位胎盤早期剥離

・全治胎盤

・喫煙

その他、様々な妊娠合併症が考えられます。

子宮内胎児発育遅延(IUGR)

もともと赤ちゃんの発育が平均より遅れている場合を、子宮内胎児発育遅延(IUGR: Intra Uterine Growth Restriction)と言います。

■ 母体側の要因

・胎盤の梗塞や臍帯付着部位の異常

(胎盤やへその緒の血流が悪く、赤ちゃんに十分な酸素や栄養を送れない)

・前置胎盤

・妊娠高血圧症候群

・心臓や肺の病気

・喫煙

その他様々な母体の病気が考えらえます。

■ 母体側の要因による症状

赤ちゃんの細胞の数は足りているが、細胞が太って大きくなることができないので、頭は比較的正常に近い大きさだが、首から下が小さく、胴体が痩せていることになります。

赤ちゃん自身には育つ力があるので、生まれてから良い環境に置いてあげれば、育つのは比較的簡単です。

■ 赤ちゃん側の要因

・ダウン症などの染色体異常

・トキソプラズマ

・サイトメガロウイルス

・風疹などの感染によるTORCH症候群

・その他先天奇形

・アルコールや薬物の中毒

■ 赤ちゃん側の要因による症状

赤ちゃんの細胞の数自体が乏しく、頭も胴体も全体的に小さくなります。生まれてからもなかなか体重が増えず、問題が生じやすいと言えます。

1 2次のページ
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。