体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ほぼ100%嗅ぎ分ける!? がん探知犬が反応する“がんのにおい”とは

ほぼ100%嗅ぎ分ける!? がん探知犬が反応する“がんのにおい”とは
2017年4月末、山形県金山町で全国初の“がん探知犬”による検診が導入され、テレビやネットで話題になったことは記憶に新しいと思います。(参考)

ところで、がん探知犬はどのようにがんに反応しているのでしょうか?

今回は獣医師に、がん探知犬の検査方法や訓練方法などを詳しく解説していただきました。

がん探知犬とは

ほぼ100%嗅ぎ分ける!? がん探知犬が反応する“がんのにおい”とは
犬の嗅覚は人間の1億倍も敏感と言われています。

がん探知犬はその優れた嗅覚を生かし、がんに罹患した人の「におい」を嗅ぎ分けられるように特別に訓練された犬たちのことです。

がん探知犬が反応するがんの人のにおいとは?

ほぼ100%嗅ぎ分ける!? がん探知犬が反応する“がんのにおい”とは
がん探知犬が反応するにおいの原因物質についてはまだ仮説の域を出ていませんが、歴史的・経験的に、犬ががんに罹患した人のにおいに反応することが報告されています。

揮発性有機物質(VOCs)

正常な細胞が「がん化」すると、異常なスピードで増殖するがん細胞になります。

がん細胞は独自の特殊な代謝系を持ち、その生活サイクルの中で、正常な時には現れない揮発性有機物質(Volatile Organic Compounds: VOCs)が生じると考えられています。

■ VOCsが含まれるもの

がん患者の以下のにおいに犬が反応していると推測されています。

・血液

・尿

・汗

・呼気

がん探知犬が行う検査方法

ほぼ100%嗅ぎ分ける!? がん探知犬が反応する“がんのにおい”とは

手順1

既にがん患者と判明している人の検体のにおいをがん探知犬に嗅がせる

手順2

次に検査したい検体を嗅がせる

手順3

がん探知犬によるがんの有無の判定

■ 陰性反応:正常であれば犬はその場を通り過ぎる

■ 陽性反応:検体からがんの徴候を感じると、犬が反応してその場に立ち止まる

ちなみに現在この検査を行っている検査会社では検体として呼気を、市町村でがん探知犬の検査を導入したと発表された山形県金山町では尿を検体にしています。

がん探知犬が行う検査の費用

ほぼ100%嗅ぎ分ける!? がん探知犬が反応する“がんのにおい”とは
現在、がん探知犬による一般向けに検査を受け付けている検査会社は限られていますが、一例として呼気を送付して行う会社では、検査を1回あたり5万円と設定しているようです。

がん探知犬はがんの種類を嗅ぎ分けられる?

ほぼ100%嗅ぎ分ける!? がん探知犬が反応する“がんのにおい”とは
基本的に、がん探知犬による検査で判明するのは「がんに罹患しているか、いないか」ということで、仮に本検査で陽性が出たとしてもがんがどの部位に存在しているかまでは特定できないとされています。

これはまた、がん患者に共通したVOCsの存在を示唆するものでもあり、今後の研究課題とされています。

1 2次のページ
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。