体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

日本とどう違う?アメリカの高速道路のサービスエリア

生活・趣味

日本とどう違う?アメリカの高速道路のサービスエリア
日本では、デパ地下並みに楽しい高速道路のサービスエリアが人気ですが、世界一の車大国アメリカのサービスエリアはどうなのでしょう? NY在住の筆者がドライブに行った時、 NYのお隣ニュージャージー州のサービスエリア(ターンパイク)を取材してみました。

1.サービスエリアといえばトイレ

日本人はトイレ好き? なこともあって、サービスエリアの規模にもよりますが、トイレの数はかなり多めですよね。サービスエリアに寄るのは、「トイレ休憩」のことが多いです。アメリカでもみなもちろんトイレに行くのですが、日本に比べるとトイレの個室数は少ないかもしれません。日本ではトイレだけの広い別建物がありますが、アメリカでは治安面(暴行、強盗)のため別棟トイレは開けてない場合もあります。

だからといって、アメリカ人のトイレの使用時間が短いわけではなく、むしろ日本人の方がさっさと出てくるかもしれませんね。アメリカでは辛抱強く長い列を作って、待っています。それゆえ、アメリカではトイレをギリギリまで我慢せず、早めに行きましょう。

筆者が寄った時は、雨天だったせいか別棟のトイレはクローズしていました。利用者が少ない時は犯罪が起こりやすいためと、掃除とメンテナンスが面倒だからでしょう。トイレはこんな感じ。女性の個室数は、4-5個だったと思います。

2.土地のお土産はあるの?

日本とどう違う?アメリカの高速道路のサービスエリア 日本とどう違う?アメリカの高速道路のサービスエリア 日本とどう違う?アメリカの高速道路のサービスエリア 日本とどう違う?アメリカの高速道路のサービスエリア

日本ではサービスエリアの楽しみといえば、ご当地名産のお土産ですよね。種類豊富なお饅頭やお菓子は見ていて楽しく、ついつい購入してしまうものです。アメリカのNJ州のサービスエリアのお土産は、NJ州のパーカー、トレーナー、サービスエリアのTシャツの他、NJ州名物のソルトウォータートフィ、ソフトクリーム型のグミ、NJの名前付きチョコなど。

日本と比べてバラエティには乏しく、地味なラインアップに眺める人影も少なく、閑散としていました。欧米人は日本人ほどお土産には興味がなく、日本人は世界一「お土産好き」なのかもしれません。

1 2 3次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会