体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【大人が出逢う、東京古着】学芸大学Mistico Discoで出会う、大人になって似合うもの

「大人が出逢う、東京古着」も早1年! いくつもの素敵な1着と、それぞれの美学を持った古着屋さんたちに出逢ってきました。
服はもちろん、その服を海の向こうで選び持ち帰ってくれた人の想いやセンス。装いに“人”が出るのと同じで、お店にも人の魅力があふれています。
今回も、記念すべき1年の締めくくり、そして2年めのスタートにふさわしい、素敵な人が登場してくれました。

降り立ったのは、東急東横線・学芸大学駅。
ちょうどいい街の賑わいが感じられる、駅すぐの東口商店街。
道なりを行き行けば、3分ほどで辿り着きます。
セブンイレブンの少し手前の建物の2F。
お店の名前は、「Mistico Disco」。
ミスティコディスコ、ミスティコディスコ。
思わず何度も声に出したくなるような、おまじないのような可愛い言葉。

下から上へ、拡がる色彩を見上げる。淡さの中に鮮やかさが際立つ色の重なり。
階段を登る音のリズムって、心音と似ている気がする。
階段の先にある古着屋さんにくると、いつも思います。

楽しみに向けたカウントダウン、これも幸せな時間。
この扉の向こうに、どんな世界が待っているのだろう!

木の床と屋根に包まれた落ち着く空間に、色とりどりの洋服たち。
こんなにたくさんの色がひしめき合っているのに、どれもみんな、この場所にすごく似合っている。この不思議な一体感が好きだ。

1枚で抜群の存在感を放つ柄ワンピース、つばの広い麦わら帽子、風を受けてダンスするプリーツの裾は、夏のロマンチックを鮮明に切り取るだろう。
日差しを受けて鮮やかに透けるタンクトップは、カンカン照りの日がいいな。
猛スピードに過ぎる暑い熱い夏、季節への待望をさらに加速させてくれる服たち。季節の変わり目に行く古着屋さんは本当に楽しい。

1 2 3次のページ
HARAJUKU KAWAii!! STYLEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。