ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

大阪万博以降倉庫で眠っていた「世界的美術品」が復活

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

大阪万博以降倉庫で眠っていた「世界的美術品」が復活
J-WAVEで放送中の「〜JK RADIO〜TOKYO UNITED」(ナビゲーター:ジョン・カビラ)のワンコーナー「THE HIDDEN STORY」。6月9日(金)のオンエアでは、1970年、大阪万博で展示された「バシェ音響彫刻」をご紹介しました。

彫刻であり同時に楽器でもあるという貴重な文化財産が、万博後およそ40年に渡って、倉庫で眠っていました。この世界的美術品の復元プロジェクトについて東京藝術大学・先端芸術表現科講師の川崎義博さんに話を伺いました。

「バシェは、フランスの、兄弟で作品を作っていたアーティストで、1950年代から金属で彫刻を作り出し、そこに風や水の要素を入れ、音具的なものを作り出しました。楽器はトレーニングが必要で、子どもたちが容易に触ることができるものではなかったので、彫刻のストラクチャー(構造)を持ちながら、簡単に子どもたちが触ることができる“音響彫刻”というものを考えたんです」(川崎さん、以下同)

鉄でさまざまな形をつくり、組み合わせ、それを叩いたり、こすったりして音を出します。この音響彫刻は、人の背丈より高いものや、横に大きく広がったものなど、複雑なデザインをしていて、1970年の大阪万博では「鉄鋼館」というパビリオンで展示されました。

「作曲家の武満徹さんが、カナダの万博を見に行ったときにバシェの作品を見て『ぜひとも日本に持ってきたい』と招聘し、大阪の鉄工所でアシスタントをつけて17作品作りました。万博が終わってから鉄鋼館は建物として残ったんですけど、バシェの作品は解体されて、倉庫に詰められていました。世界的な美術作品だけど、破棄されてもおかしくない状態だったんです」

倉庫で眠っていた「バシェ音響彫刻」にスポットが当たるのは2009年。 演奏家の永田砂知子さんがその存在に着目。2013年に、バルセロナ大学でバシェ研究をしているマルティ・ルイツさんと川上さんがボランティアで修復を始めたそう。

「普通、コンサートの後に楽器に触ることはできませんよね。美術品も絶対に手で触れちゃダメです。でもバシェの作品は、触ってもらうことが目的なので、コンサートのあと、老若男女みんなが一緒に1時間くらい演奏してる。こういう状態って他の楽器ではないです」

この貴重な文化財産「バシェ音響彫刻」は40年以上の時を越え復活します。現在、その復元プロジェクトとしてクラウドファンディングサイトReadyForで、200万円の資金を募っています。ぜひチェックしてみてください!

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「〜JK RADIO〜TOKYO UNITED」
放送日時:毎週金曜 6時−11時30分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/tokyounited/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。