体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

“一人でも生きていける練習”をする女性に送る曲

“一人でも生きていける練習”をする女性に送る曲
J-WAVEでオンエア中の「〜JK RADIO〜TOKYO UNITED」(ナビゲーター:ジョン・カビラ)のワンコーナー「azabu tailor A SONG FOR YOU」。リスナーの皆さんからいただいたメッセージにピッタリな一曲を、歌詞に注目してセレクトします。6月9日(金)のオンエアでは、愛する娘が独立して、一人暮らしを始めるという50代の方からのメールを紹介しました。

「私はシングルマザーで社会人の娘二人と共に住んでおりますが、近々、順番に独立して、50にして初めての一人暮らしをする事になりそうです。今、一人でも生きていける練習を頑張っています。とりあえず、一人カフェ、一人映画、一人ライブは行けるようになりました。まだ一人回転寿司、一人焼肉は未経験ですが、順次チャレンジするつもりです。こんな私を後押しする、ぴったりな一曲を選んでいただけたら嬉しいです」

メールを読んだカビラは「長きに渡る子育て、心からお疲れ様です」と、ねぎらいの言葉をかけました。さらに、相談者には毎日を楽しく過ごすための後押しソングとして、ビリー・アイドルの「Dancing With Myself」を選曲。

ビリー・アイドルは大ヒット映画「スピード」の主題歌を歌ったことでも知られています。今回選んだ曲「Dancing With Myself」というタイトルは「自分自身と踊る」という意味です。歌詞の一部は「一人で踊っている。失うものは何もないし、何か証明しないといけないこともない。一人で踊ってるのさ」という内容。ビリー・アイドルは、もともと、ジェネレーションXというバンドを組んでいて、ソロになって大活躍しました。

そんなビリー・アイドルの曲が、一人暮らしをはじめる相談者にもぴったりとのこと。カビラは「これからの生活が、より楽しくなるように願ってます!」とエールを送りました。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「〜JK RADIO〜TOKYO UNITED」
放送日時:毎週金曜 6時−11時30分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/tokyounited/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。