体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

9mm Parabellum Bulletが新曲!

エンタメ

9mm Parabellum Bulletが新曲!
J-WAVEで放送中の番組「RADIO DONUTS」(ナビゲーター:渡辺祐・山田玲奈)のワンコーナー「VOLVO DESIGN YOUR LIFE」。6月10日(土)のオンエアは、9mm Parabellum Bulletのヴォーカル、菅原卓郎さんをお招きして、家族や趣味、お仕事についてお聞きしました。

菅原さんは、男だらけの三人兄弟の長男で、取っ組み合いをしたり、ときには泣かされることもあったものの、弟の面倒見は良かったそうです。年齢を重ねるにつれて、お互いに喋り方や、ちょっとした仕草が似てくるようになったとか。

そんな菅原さんが、子どもの頃から親しんでいたのが読書。ご両親が読み聞かせをしてくれていたこともあり、いつしか自ら読むようになったそうです。「ウチの兄弟は、よく『のんたん』を読んでました。のんたんはイタズラが好きで、腹が立つこともありました(笑)」と菅原さん。今でも、文字を見るのが好きで、見ていると落ち着くそうです。

菅原:とにかく、文字を見ていると落ち着くんです。楽器のマニュアルとか、自分の歌詞カードとかも。綺麗な色使いのフライヤーも良いですね。文字がないとガッカリします(笑)。
渡辺:「俺にもっと、字を読ませてくれ」と(笑)。好きな作家は?
菅原:村上春樹さんが好きで「騎士団長殺し」は、冬に発売されてすぐに買ったんですけど、まだ読んでないんです。悔しいから1ページも読んでなくて(笑)。
山田:私も村上春樹さんの本は好きですけど、読むときは自分にスイッチを入れないといけなくて…本当は一気に読みたいですよね。
菅原:そうなんです。ハードカバーの本でも一晩で読めちゃうんですけど、途中で読むのを止めると、そのことばかりを考えちゃうんです。ここまで読んだっていう、限界のところまで読みたいんです。

と、菅原さんの話を聴いて、渡辺も山田も共感していました。

さて、菅原さんは9mm Parabellum Bulletのヴォーカルとして活躍中ですが、音楽のことは、子どもの頃から聴いていたラジオで知ったそうです。

「子どもの頃は自動車に乗っているときに、ラジオでランキング番組を聴いて『こういう曲があるんだ』と気付いて、家にあった小さなラジオを借りて、自分でラジオ局を調べて、音楽を楽しんでいました」とのことでした。

バンドを結成したきっかけについて、「13歳ぐらいのときに、ラジオでTHE YELLOW MONKEYやthe pillows、THEE MICHELLE GUN ELEPHANT、BLANKEY JET CITYなどを聴いて『やってみたい!』と思いました」と、振り返りました。

9mm Parabellum Bulletは、5月に7枚目のアルバムとなる「BABEL」を、6月7日(水)にはニューシングル「サクリファイス」を発売したばかりです。アルバムについて「手前味噌だけど、音楽的に完成度が高くて、格好良いと思ってます。『こんなものも作れるんだ』と驚かせたかったです」と、語りました。ツアーも開催中です♪

さて、次回17日(土)の「VOLVO DESIGN YOUR LIFE」コーナーは、クレイジーケンバンドの横山剣さんをお迎えします。放送は9時10分頃からです。どうぞ、お楽しみに。

1 2次のページ
J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会